浮腫(むくみ)

健康

梅雨の時期、湿度が高いと体調を崩しやすい

梅雨は一年の中でも天気が不安定になりやすく、雨によって湿度が高くなるだけでなく、気圧の変動も大きい時期です。この時期特有の気圧の変化と湿度が原因で、梅雨は「熱や咳などの症状はないけれど怠い」というように、「なんとなく不調」な状態になる人が多いそうです。今回は梅雨の時期の不調について。
美容

『むくみ』はカリウム摂取で改善

浮腫み(むくみ)の解消に効く栄養はミネラルのひとつ「カリウム」です。浮腫むと「リンパを流れにくくして細胞周辺に老廃物が溜まりやすくなる」「脂肪細胞周辺に老廃物が集まってセルライト化」など肥満が悪化してしまいます。浮腫みの改善はダイエットには不可欠、ダイエットにはカリウムの摂取が重要になります。
美容

骨盤矯正、適度な運動と併せないと効果なし

産後は誰もが骨盤が開いて歪んでしまいますが、その後「開いた骨盤を閉じて正しい位置に戻せるか」が今後の体調を大きく左右する、、、ということが最近分かりました。骨盤矯正は整体などに行けばすぐに施術してもらえ、1回の施術で大体正しい位置に戻せるそうです。しかし何もしないと即元通り、、、それを防ぐのが運動(筋トレ)です。
美容

40歳、今さら聞けない『セルライト』予防法

日本人女性の8割にあるセルライト。この脂肪と老廃物を混ぜてコラーゲンでコーティングした”燃えにくい脂肪”じゃ血やリンパの巡りを悪くして、冷え性や浮腫みの原因になっています。運動や食事制限をしてもぜんぜん痩せない原因はセルライトとも言われていて、セルライトがとれれば一気に痩せるのも夢じゃないとか。
健康

暑い夏こそ『白湯』を飲むと良い理由

一度沸かしたお湯を50~60℃まで冷まして飲む白湯は、夏バテした内臓を元気にしてくれる効果があるそうです。 今回は白湯についてまとめてみました。 白湯は内臓を温める 体に馴染みやすい50~60℃の白湯には体を...
料理&酒

山形のさくらんぼ、美味しい理由と保存方法

さくらんぼには疲労回復、利尿作用、消炎作用、そして美肌を維持する効果がある、健康と美容のための優秀なフルーツです。さくらんぼは鮮度が大事で3日以内に食べ終えるのが理想的。温度変化でも味わいが大きく劣化してしまうため保存や保管にはとても気を遣う食材です。
健康

出産後のガタガタ骨盤、尿漏れ(UI)の原因になることも

産後の体はボロボロで、「浮腫(むくみ)がひどい」とか「貧血気味」とか分かりやすい不調もありますが、骨盤(骨盤底)の歪みのように目に見えない不調もあります。妊娠や出産でお母さんの骨盤は歪んでしまい、この緩んだ骨盤を放っておく骨盤底筋が弱くなって尿漏れを起こしやすくなってしまいます。
健康

26週目の妊婦、『減塩食』指導

妊婦検診で浮腫みが酷いと相談したら、体重の増加具合を見て減塩を指示されました。 尿や血圧の値に異常があれば減塩はもっと厳密かつ神経質だったでしょうが、赤ちゃんのためには減塩した方が良いという判断でした。 今回は美味しく減塩をする工夫と塩分を摂り過ぎたときの対処法をまとめました。
広告
タイトルとURLをコピーしました