広告

出産後のガタガタ骨盤、尿漏れ(UI)の原因になることも

健康
健康
この記事は約4分で読めます。

[su_label]加筆修正 2022年1月26日[/su_label]

出産後の1ヶ月間は安静に!

これは昔から言われているようですが、核家族で2人目の子ども出産後がそう長く床に臥せられるわけもなく、「ママ~」と呼ぶ声にさっさと床上げしました。

現代のママは多くがこんな体験をしているのでは?

「仕方なし」とはいえ産後の体はボロボロです。

浮腫(むくみ)がひどい、とか

貧血気味、とか

浮腫や貧血(めまい)等は分かりやすい不調ですが、骨盤(骨盤底)の歪みのように目に見えない不調もあります。

出産後の女性の骨盤は誰もが歪んでいます。

この歪んだ骨盤の緩みは尿漏れ(尿失禁)の原因になってしまいます。

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

尿漏れは出産や加齢だけが原因ではない

尿漏れは年代や妊娠・出産経験にかかわらず、あらゆる世代で起こっているようです。

P&Gジャパンが20代〜60代の日本女性4万人を対象とした「UI(Urinary Incontinence:尿もれ・尿失禁)」に関する大規模な実態調査で、尿漏れは世代問わず6割の人が経験していることが分かりました。

出産していない女性でも6割以上の人が経験しているとか。

[su_label type=”info”]参考記事[/su_label]日本女性 20代から60代 40,000人 に聞く、UI(尿もれ)実態大規模調査 | P&Gのプレスリリース | 共同通信PRワイヤー (kyodonewsprwire.jp)

尿漏れの原因

 ・骨盤底筋が弱まり“ぐらぐら尿道”になっている

 ・“カチカチ膀胱”になっている

尿漏れの原因は主にこの2つです。

妊娠・出産や加齢が尿漏れの原因と言われた理由

原因が妊娠・出産だと言われたのは、妊娠や出産のときに骨盤底筋が弱まるからです。

加齢だと言われたのは膀胱の筋肉は年齢を重ねると柔軟性を失われるからです。

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

出産で骨盤底筋はボロボロになる

赤ちゃんは骨盤底筋を壊しながら母親の胎内で育ち生まれてきます。

骨盤底筋とは骨盤の底にある筋肉で、ハンモックのように子宮、膣、腸、膀胱をささえている筋肉です。

産道は骨盤底に囲まれていて、赤ちゃんは骨盤底筋の筋肉や繊維組織を切ったり伸ばして壊しながら産まれてきます。

尿漏れしやすい妊婦さんの傾向

 ・妊娠前もしくは中に尿漏れが多かった

 ・3500g以上の赤ちゃんを産んだ

 ・高齢出産

妊娠できる女性の年齢ではあまりカチカチ膀胱はみられないので、妊娠や出産をきっかけに尿漏れするようになった原因は骨盤底筋の損傷だと考えられます。

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

産後2~3ヶ月の間に骨盤矯正をする

出産後に尿漏れに悩まされたくない人は、出産後2~3ヶ月の間に骨盤矯正を始める必要があります(6ヶ月までには始める)。

骨盤矯正は、

 ・整体に行くなどプロの施術を受ける方法

 ・ヨガや筋トレなど運動をする方法

 ・骨盤ベルトやリフォーム下着を着る方法

どれも骨盤がグラグラの状態の産後3ヶ月頃までには始めたいところですが、出産の影響が残っている産後1ヶ月は体調等優先で控えた方が良いです。

産後3ヶ月を過ぎると骨盤は歪んだ状態で固定されてしまい、6ヶ月を過ぎると骨盤矯正がかなり難しくなります。

産後すぐの無理は禁物

骨盤がグラグラのうちに矯正したいと言っても、 出産後3週間~1ヶ月は無理は控えるべきです。

また1ヶ月を過ぎれば大丈夫というわけではなく、 ヒトの体には個人差があるので「体力は戻っているか」「悪露は出ていないか」「痛みはないか」など出産の影響がもう残っていないことを確認する必要があります。

産後直ぐの骨盤ベルト・リフォーム下着は厳禁

家で気軽に骨盤矯正できる点から骨盤ベルトやリフォーム下着で治す方法は人気ですが、出産直後から骨盤ベルトやリフォーム下着を身につけるのは危険でさえあります。

産後に骨盤ベルトやリフォーム下着を身につけると、体が強く締め付けられて臓器が下に押し込まれて骨盤底筋にかなり負担がかかってしまいます(より骨盤底筋が緩んで尿漏れの原因になることも)。

「骨盤ウォーカーベルト」

ヨガは骨盤矯正×カロリー消費の効果あり

産後のヨガは骨盤を矯正しながらカロリーを消費できる点から人気のある手段です。

骨盤が正しい位置に戻ると体全体の血行がよくなって筋肉も付き、基礎代謝が上がって消費カロリーが増えて痩せやすくなります。

出産で赤血球を多く失ったことで足や手がむくみやすいので、血行を改善してむくみを解消させるにはヨガがとても効果的です。

実際にヨガを体験して(私は更年期対策でしたが)、骨盤が正しい位置に矯正されやすく、血行やリンパの流れが良くなって浮腫みの改善にも役立ちそうだと感じました。

あ[su_label type=”info”]参考記事[/su_label]40歳、更年期障害対策『ホットヨガ』 | 『 』

[su_label]ー この記事はここで終わりです -[/su_label]

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

[su_label type=”info”]ブログをメールで購読[/su_label]

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

98人の購読者に加わりましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました