anxious woman having phone conversation in office

「絵葉書を配っています」という人が訪ねてきました。一誠堂という会社の訪問販売(営業研修)でした。

娘たちと出かけて帰ってきたら自宅の前をウロウロする若い女性。娘たちに車から出ないように言いつけて、ちょっとビビりながら声をかけたら

この地域に【絵葉書】を配っている、と

言葉遣いは丁寧でしたがあまりにもテンプレトーク、受け答えもニコニコしているのに温度のない会話は妙に気味が悪い。とにかく帰ってもらうために「不要」を連発しました。

結果、3分ほど粘られましたが帰ってくれました。ぶら下げた名刺や会話内容からの情報は以下の通り

  • 首にぶら下げていた名刺に書かれていた会社の名前は【一誠堂】
  • 配っている絵葉書は100%オリジナル作品(4種類ある)
  • 絵葉書は有料
  • 配っている人は研修生(営業委託をするため)

その夜ネットで調べてみたら、【一誠堂】はあちこちで出没(?)しているようですが悪質な詐欺ではないようです(一誠堂公式サイト)。

訪問販売トラブルについてはクーリング・オフ制度がありますが(不意打ち性の高い取引きについては一定期間内ならば一方的に契約を解除できる制度)、代金が3,000円未満の取引についてはクーリング・オフ制度の対象外です。

今回の絵葉書のように1セット1,200円(公式サイトで公開されている価格)を購入した場合、3,000円未満なのでクーリング・オフの対象にはなりません(一誠堂は私的にクーリング・オフの適用を約束していますが条件などは不明なので安心材料としてはやや頼りない)。

●この記事を読んだ人におすすめ●

スポンサードリンク Amazon.co.jp(アマゾン)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください