手ぬぐいライフを始めたら快適でした。手触りを重視するなら伝統的な技術で染めた捺染と注染がおすすめ

猛暑の今夏は外出時に【手ぬぐい】が手放せませんでした。

手ぬぐいはシンプルな平織りの布。綿100%のものは吸水性が高いのでハンカチやタオル代わりに、速乾性もあるので濡らして首に巻けば冷感タオルのように使えます。コロナ禍で鼻と口を覆い後ろで結んで簡易マスクとする人も見かけました。

がさばらず 丈夫で長持ち

手ぬぐいは綿花栽培が盛んになった江戸時代に生まれ、瞬く間に生活に欠かせない道具になりました。模様で四季を感じたり、色を変えて気分を変えたりと、“生活を楽しむ心”が詰まっています。

木綿の反物の端や余りで作られた名残りからサイズはだいたい33×90cm。自由に切り分けて使え、端は特に処理しないことで速乾性を高めています(最初はほつれるが、1cmほどほつれると端がフリンジになってそれ以上ほつれなくなる)。

最初は糊が効いているものが多いのでたっぷりの水で手洗いし、軽く絞ってシワを伸ばして直射日光の当たらない風通しのよい場所で干します。

長く使うためには手洗いがおすすめですが、手ぬぐいだけ別洗いは手間がかかって面倒なので“消耗品”と割り切って私は洗濯機で洗ってしまっています(最初はたくさん糸がほつれるので洗濯ネットに入れて洗濯機洗い)。

手ぬぐいには柄を(顔料)プリントしたものと、伝統的な手作業で染めたものがあります。伝統的な染め方には「捺染(なっせん)」と「注染(ちゅうせん)」があります。

顔料プリントしたものは激安で大量配布向きですが、個人使用なので肌触りを重視して横浜捺染や浜松注染など捺染・注染タイプの手ぬぐいを好んで使っています。

捺染・注染の手ぬぐいは全然手触り・肌触りが違います!!!!

注染技術は手ぬぐい文化の普及で生まれた染色技術です(明治時代に考案)。注染は一度に複数の色に染められるので、多彩な色遣いで美しい柄に仕上げられます。手作業なので色合いや風合いが微妙に異なるため、全く同じ注染の手ぬぐいは存在しません。

伝統的なデザインからモダンなデザインまで、注染の手ぬぐいを手軽に購入するならば『大正5年創業 あいらしか』がおすすめです。“かまわぬ”デザインの手ぬぐいを探していて楽天市場で見つけたショップです。

『あいらしか』は福岡県の小倉魚町にある呉服店『KOMESICHI(コメシチ・米七)』が立ち上げたブランドで、布地から染めデザインまで米七が監修しています。ブランド名『あいらしか』は九州の方言で「愛らしい」という意味があるそうです。

“かまわぬ”は「物事にこだわらない」という歌舞伎古典柄のひとつです。歌舞伎役者の七代目・市川団十郎が「かさねの与右衛門」の役に扮した時にこの判じ物の柄を使ったといわれています。

“かまわぬ”柄はバイク雑誌『風まかせ』(㈱クリタパブリッシング発行)で知りました。読者プレゼントで扱っていたようですが、残念ながら廃刊(休刊)となってしまったので類似商品を探した次第です。

参考:『風まかせ』発行形態変更のお知らせ/株式会社クレタパブリッシング

バイク乗り向け手ぬぐいならば『クシタニ』の手ぬぐいもおすすめです。浜松注染で手触りも良いです(カタログ非掲載で取扱い点数少な目)。

ヨシタニとのコラボ手ぬぐいもあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください