投資信託

資産運用

1万円から始められる『個人向け国債』

国債とは「国庫債券」の略称で、日本という国がお金を借りるときに発行される借金の証書(借金証券)です。 他の国から借りたり、企業から借りたりと、国もどこからお金を借りるかは選んでいますが、個人から借りるケースもあります。 それが「個人向け国債」で、元本割れがないためリスクの低い資産運用として注目されています。
資産運用

PayPay、ボーナス運用有料化(手数料1.0%)の抜け道

「運用手数料無料」が魅力的だったPayPayボーナス運用の一部手数料が有料になりました。具体的には、100円以上のPayPayボーナスを運用ポイントに交換するときに1.0%の手数料がかかるようになりました。このルールには未だ抜け道があるので、これからも無料で運用する工夫をまとめました。
子ども

お金の価値や管理を学ぶ小学校のマネー教育

いまの小学校の算数にはマネー教育があります。お金に関する教養が諸外国にくらべてかなり日本は低いと、金融庁や文部科学省が慌てて始めた様です。しかしお金を使うことは日常のことであり、だからこそマネー教育は子どもだけでなく子どもの傍にいるパパママ世代にも重要になります。マネー教育を始めてみませんか?
資産運用

PayPayポイント、ポイントの運用方法

PayPayで決済するとPayPayボーナスが付与されますが、PayPayアプリ内のボーナス運用を利用するとPayPayボーナスで投資信託をすることで増やすことができます(市場価値の変動で減ることもよくあります)。ボーナスを2つあるコースのどちらかに投資するだけ、PayPayボーナス運用についてまとめました。
子ども

お年玉の相場は?お年玉は投資信託で運用

子どもがもらったお年玉の管理方法は各家庭で違いますが、貯める場合は投資信託で長期運用がオススメです。定期預金の金利は0.001%と低いため、貯めても増えることは期待できません。投資信託は長期で運用すれば利益が出やすいです。楽天証券は条件を満たせば0歳児でも自分名義の口座を作ることができます。
資産運用

投資信託で買い付けるときの流れと注意点

銀行にただ預けても増えない時代、100円から1円単位で投資できる投資信託なんて金融商品もあります。資産運用は学校では教えてくれないけれど、今や生きていくのに必要な知恵の1つです。
子ども

楽天銀行×楽天証券、0歳児でも口座作成が可能

楽天証券では未成年口座として20歳未満の未婚の子どもが開設できます。口座を開設するときは口座を管理する代理人として、すでに楽天証券で口座を開設している保護者が必要です(同意サインは父母のものが必要)。楽天証券は100円から1円単位で投資でき、買付手数料が無料のものがたくさんあり、初心者でも気軽に投資を始められます。
資産運用

企業DCで積み立てた年金を、iDeCoに移管する方法

確定拠出年金で積み立てた資産は60歳まで引き出すことができず(原則)、企業型確定拠出年金を利用していた人は転職・退職するときに資産の移管の移管が必要です。移管手続きは加入資格喪失年月日から6ヶ月以内に完了させなければ、手続きが煩雑になってしまいます。
広告
タイトルとURLをコピーしました