広告

PayPay、ボーナス運用有料化(手数料1.0%)の抜け道

資産運用
資産運用
この記事は約5分で読めます。

PayPayを利用したときに発生するPayPayポイントは、PayPayアプリでポイント運用できます

2022年4月1日(金)名称変更 PayPayボーナス→PayPayポイント

このポイント運用は口座開設不要、手数料なしで、1円から運用可能が魅力的なポイントです。

この魅力が一部欠けます。

2022年3月24日から、ボーナス運用の手数料が一部有料化されるからです。

PayPayポイント運用は、PayPayポイントを「運用ポイント」に交換して運用していますが、今後は100円以上のPayPayポイントを運用ポイントに交換するときに1.0%の手数料がかかります。

99円以下の場合は手数料なし。

運用ポイントからPayPayポイントに交換するのにも手数料はかからないそうです(1ポイント1円相当)。

わたし
わたし

有料化の理由に「スプレッドを考慮」とあるけれど?

投資信託など金融商品を購入するとき、私たちに提示される参照価格と実際の購入価格の間には差があり、この差が「スプレッド」です。

スプレッドは価格差だけでなく、金利差や為替レートの影響によるものもあります。

天の声
天の声

[su_label]参考[/su_label]「ボーナス運用」の一部有料化について – PayPayからのお知らせ

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

わたし
わたし

どうやっても手数料がかかる?

現時点の規約では、1回の交換を99円以下にし続ければ手数料0円が可能です。
交換回数は無制限です。

1,000円分で11回以上の交換が必要ですが、これで10円の節約ができます。

天の声
天の声

PayPayポイント運用の有料化により「旨味がなくなった」と評する人もいますが、上手く規約の隙をついて手間をかければ今までのように手数料0円で運用が可能という人も多くいます。

今後も手数料0円運用をしたい人はポイント運用の「自動追加機能」を必ずオフにしておきましょう。

天の声
天の声

99円以下の交換を続けていこうと思っている場合の注意。

PayPayポイント運用には、事前にコースを選択しておき、PayPayポイントが発生したときに自動にそのコースにポイント交換する機能があります。

「自動追加機能」です。

わたし
わたし

PayPayの「残高払い」だとPayPayポイントから使われるから、運用資金が無くなっちゃうのでは?

「PayPayポイントの利用設定」で変えることができます。

PayPayアプリの下に出てくるバーの右から2つ目「残高」でPayPayポイントの利用方法を設定することができます。

初期設定では「使う」になっているので「貯める」にしておけば、都合のよいときに99円以下ずつ運用ポイントに交換できます。

天の声
天の声
わたし
わたし

簡単~♪

最後に設定を「保存」することを忘れないで下さいね。

再び残高画面で、PayPayポイント利用設定が「貯める」になっているか確認することをおすすめします。

天の声
天の声

[su_label]ー この記事はここで終わりです -[/su_label]

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

[su_label type=”info”]ブログをメールで購読[/su_label]

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

98人の購読者に加わりましょう

コメント

  1. […] できません。PayPay残高にチャージした分で決済したときに発生する「PayPayポイント」のみ運用できます(一部手数料発生)。 […]

タイトルとURLをコピーしました