広告

肌の乾燥で起きやすい『花粉(症)皮膚炎』

美容
美容
この記事は約4分で読めます。

冬が終わると日中浴びる紫外線の量が増えていきます。

冬に日焼けしにくいのは太陽の南中高度が低いからで、冬の真昼の紫外線量は夏の夕方程度と言われています。

わたし
わたし

乾燥対策の次は日焼け対策か。

お肌の悩みは年中無休です。
ちなみに春は紫外線量の増加と共に『花粉皮膚炎』に悩む人も多くいます。

天の声
天の声

花粉皮膚炎とは、上まぶた、ほお骨、あご、首を中心に、肌荒れ、かゆみ、熱っぽさを感じる症状です。

花粉が多い季節に起きやすく、花粉症じゃなくても乾燥肌だったり、マイクロダストに弱い肌の人は起きやすいそうです。

花粉症の人、特に目と鼻の症状が強めの人は、より花粉皮膚炎になりやすいそうです。

[su_label]参考[/su_label]【医師が解説】花粉で肌が荒れる?!花粉症皮膚炎の特徴・治療方法と対策 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 (kusurinomadoguchi.com)

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

花粉皮膚炎の原因は角層のバリア機能の低下です。
外部の刺激に弱くなった肌の奥に花粉が侵入し、炎症が起きて肌が荒れます。

天の声
天の声
わたし
わたし

角層のバリア機能低下の原因は?

バリア機能低下の大きな原因の1つが肌の乾燥です。
肌が乾燥すると角層の潤いがなくなり、角層の細胞の間に隙間が生じて刺激を受けやすくなります。

天の声
天の声

特にスギ花粉のピークになる2月~4月は肌が乾燥気味の人は多いため、花粉皮膚炎に悩む人も多くなるようです。

花粉皮膚炎の予防または改善には、まずは肌の保湿が一番重要とのこと。

肌の保湿は基礎化粧品だけでなく体の内側からのケアも重要で、特に「水を毎日2リットル飲むこと」はとても有効です。

また、ストレッチや軽い運動などで血の巡りを良くし、代謝を良くしておくことも対策になります。

特にコロナ禍のマスク生活で顔の筋肉は衰え気味なので、顔もマッサージした方がよいです(顔のたるみや小じわ対策にも良し)。

また、紫外線も肌の乾燥を悪化させる要因。

外出時にマスクや眼鏡を身につけたり、敏感肌や乾燥肌向けの肌に優しい日焼け止めを使うことなど、紫外線対策も重要になるそうです。

わたし
わたし

顔の筋肉ってどこにあるの?

オススメの動画(YouTube)を紹介します。

天の声
天の声

[su_label]ー この記事はここで終わりです -[/su_label]

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

[su_label type=”info”]ブログをメールで購読[/su_label]

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

100人の購読者に加わりましょう

コメント

  1. […] これは冬の間に保湿が不十分で肌が乾燥して肌のバリア機能が低下して、そこに花粉など外的刺激で炎症を起こしているからだそうです。 […]

タイトルとURLをコピーしました