ブログのタイトル、魅力的にする6つのコツ

一定の費用を投資してブログを運営していると、Googleアドセンスの広告枠で「もっと収益をあげたい」と思うようになりました。

わたし
わたし

収益を上げるためにはどうしたら?

アクセス数を増やすことが有効です。

アクセス数を増やす手段としては次の手段が有効とされています。
 ・専門的なサイトにする
 ・記事の数を増やす
 ・1記事あたり1000文字以上にする
 ・タイトルを工夫する
 ・毎日更新する

天の声
天の声

今回は日記系ブログでも有効な、記事に魅力的なタイトルをつけるコツをまとめました。

スポンサードリンク

魅力的なタイトルをつけるコツ

ブログを運営していると「よく読まれる記事」というのは確かに存在し、その記事が読まれる要因のひとつは「タイトル」でもあるようです。

具体的な数字をいれる

「〇〇が分かる5つのポイント」

「1万円から始める投資信託」

このように具体的な数字を入れると記事のイメージがしやすくなり、読み手の興味をひくことができるそうです。

数字によってふわっとしたイメージが薄れるからのようで、数字を使うことで正しく情報が伝わりやすくもなります。

難易度やレベルが分かるようにする

「初心者でも分かる〇〇〇」

このようにどんなレベルの人に向けた記事か分かりやすくすることで、読み手の興味が惹かれやすくなるそうです。

有名なのが「サルでもわかるHTML」。

初心者向けのHTML、基礎から実践まで分かりやすくのっているサイトででした。

記事のターゲットや目的を明らかにする

「働くママが知りたい」

このように、誰向きの記事なのか、記事のターゲットを具体的にすると、読み手の興味を引きやすいそうです。

自分が知りたい情報かどうかが一発で分かること、これがタイトル付けの重要なポイントとのこと。

結論をぼかして消化不良にする

タイトルを「意外にも」「実は」で終えて結論をぼかすと、見た人に「知りたい」と思わせることができるそうです。

こんな思わせ振りなタイトル付けは上級者テクニックなのですが。

タイトルの文字数は30文字以内

タイトルの長さ(文字数)は15~30文字が良いそうです。

30文字が上限なのは、パッと一度に目に入るのはおよそ30文字だと言われているからです。

キラーワードを入れる

キラーワード(キラーフレーズ)とは、読み手にインパクトを与える単語のことです。

例えば、

「読まないと損する」

「絶対に~べき」

「流行の」

「定番の」

「人気ランキング」

「徹底比較」

こんなフレーズがキラーワードと言われています。

スポンサードリンク

SEO対策、どこまで意識する?

記事作成のときに「SEOを意識して欲しい」「SEO対策をして欲しい」という依頼がよくあります。

SEOとは?

SEOとは”Search Engine Optimization”を略した言葉で、日本語で言うならば「検索エンジン最適化」です。

Googleのような検索エンジンを使ったとき、そのサイトやコンテンツが検索上位に来るように工夫することです。

どんなことをすれば検索上位に行くかは、どの検索エンジンも明らかにしてはいません。

そのためSEOの手法は個人の予測によるものが多いです。

SEO対策は必要?

ブログ初心者はSEO対策について考え過ぎない方が良いようです。

出来れば良い、位な感じが良いとか。

ー この記事はここで終わりです -

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

94人の購読者に加わりましょう

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください