広告

「ウタマロ石けん」、万能過ぎて手放せない

洗濯
洗濯
この記事は約3分で読めます。

ウタマロ石けん、白いものがとにかく真っ白

ウタマロ石けんを使って初めて洗ったのは、子どもの幼稚園の上履き。

ウタマロ石けんをつけて、古くなった歯ブラシで洗うと、ためていた水がどんどん黒くなり

すごく真っ白!!

くすみがパッと消えた上履きは今までと全然違う「真っ白」!

今まで使っていた洗剤も「白くなる」に定評のあるもので、浸けおきさえしていたのに…ウタマロ石けんに完敗です。

ススや砂・泥汚れはもちろん、汗、皮脂、クレヨンやサインペン、ソースや醤油等の汚れもしっかり落ちます。

右側の上履きがウタマロ石けんで洗ったもの(左側は今までの洗い方)

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

ウタマロ石けん、キレイ以外の推しポイント

優しい香りで仕上がる

ウタマロ石けんはハーブ系の香りで、仮に数時間嗅ぎ続けることになっても苦はない優しい香りです。

除菌・消臭効果もあるので、洗った上履きのニオイを嗅いでも問題なし!

いい香りです。

オシッコやウンチで汚れてしまうトレーニングパンツは、洗濯後にアンモニア臭がすることもありますが、ウタマロ石けんで予備洗いをすればほぼ臭いません。

手荒れに優しい、低刺激

ウタマロ石けんは手肌に優しく、傷に触れてもあまり沁みないのが嬉しいです。

子どもが自分でやると言っても、簡単にやらせられます。

北関東の冬は乾燥しやすいので、手が荒れにくい洗剤や石けんは最高です。

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

ウタマロ石けんで落ちた汚れたち

学校の上履き×黒ずみ(汚れ)

上履きの黒ずみは汗、ほこり、泥や土、食べ物といった色々な汚れのミックスですが、この黒ずみをウタマロ石けんはかなりきれいに落とします。

ゴムの部分も布の部分も変わりなくキレイになります。

あまりに汚れが頑固な場合、一度ウタマロ石けんで洗い、石けん成分をつけたまま40~50℃のお湯に2~3時間ほど浸け置きし、汚れを緩ませた後でまたウタマロ石けんで洗うと良いです。

ウタマロ石けんで洗っても油性ペンで書いた名前は消えません。

木綿の白シャツ×皮脂汚れ

襟や袖口などにつく皮脂汚れはウタマロ石せんでよく落ちます。

頑固な男性の皮脂汚れにも効きます。

トレーニングパンツ×汚物汚れ

おしっこやウンチで汚れてしまったトレーニングパンツを洗うときは、必ず水を使います。

40℃以上のお湯を使うとタンパク質が変質し、汚れが落ちにくくなってしまいます。

一度ウタマロ石けんで洗って汚れを落とした後、浸みこんだ汚れ部分を中心にウタマロ石けんをつけ、ごしごしと洗います。

ウタマロ石けんの緑色が白く変わったら、すすぎ洗いはせず、そのまま洗濯機で洗います。

ウタマロ石けんには除菌効果もあります。

下着×経血汚れ

「タンパク質が変質して落ちにくくなる」という点では、血液の汚れ、経血汚れや母乳汚れも同様です。

必ず水で洗い、ウタマロ石けんをこすり付けたあと、しっかりと揉み洗いをします。

[su_label]ー この記事はここで終わりです -[/su_label]

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

[su_label type=”info”]ブログをメールで購読[/su_label]

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

100人の購読者に加わりましょう

コメント

  1. […] ウタマロ石けん、万能です。 […]

  2. […] もう手放せない♡ […]

  3. […] マスクの黄ばみは「ウタマロ石けん」で部分洗いがおすすめです。 […]

タイトルとURLをコピーしました