ガーゼマスクを洗濯機で洗う方法(型崩れ防止策)

冬は不織布マスクを使っていましたが、夏は暑いので布マスクを使用しています

汗をかくので1人が1日2~3枚マスクを使用(ガーゼマスクを使用している子どもはもっと多い)、その結果、毎日何枚も布マスクを洗濯しています。

そんなに予備はないので、「洗って乾かして、翌日また使って」が最近のサイクルで、このサイクル開始3日で手洗いが嫌になりました。

手洗いでは脱水も甘いので乾くにも時間がかかります。

時短家事を目指して、マスクを手洗いする方法を考えました。

スポンサードリンク

まず、マスクは「手洗い」が推奨されています。

「手洗い」でも、ゴシゴシと生地をすり合わせて洗うのではなく、「押し洗い」です。

 ・子ども用のマスクの生地として使われることが多い「ガーゼ」は傷みやすいため

 ・マスクの形を崩さないため

「生地を傷めたくない」「形を崩したくない」という洗濯物はマスク以外にも、女性が身に着けるブラジャーが”そう”です。

だから、ブラジャーには専用の洗濯ネットがあります。

ホームセンターや100均ショップで購入可能で、

こんなのです(開けた状態)。

DAISOで買ったブラジャー専用の洗濯ネットは、円形の樹脂パーツで洗濯物を挟み込むようになっています。

洗濯機で洗っても、円形の樹脂パーツがネットがねじれるのを防ぎ、かつ、柔らかいパーツなので外からの力によって中心に向かって押し洗いできるようになっています。

ブラジャー専用の洗濯ネットにマスクを入れると、こんな感じになります。

ガーゼ、木綿、化繊のどの素材のマスクでも生地がよれず、型崩れもしませんでした。

「洗濯機で洗えること」は手間の短縮の他に、

 ・すすぎ洗いにより「洗剤残り」が手洗いよりかなり少ない

 ・しっかり脱水できて部屋干しでも一晩で乾く

洗剤が残っていたり、乾燥に時間がかかってしまうと、菌が繁殖して生乾き臭がしてしまいます。

生乾き臭の原因であるモラクセラ菌は5時間ほどでかなり増殖し、呼気や汗などの湿度が悪臭を発生させます

また、洗剤残りは肌荒れの原因にもなってしまいます。

スポンサードリンク

マスクは口周辺の肌に直接触れるため、

 ・ファンデーションや口紅などメイク用品による汚れ

 ・ソース、ケチャップ、マヨネーズなど食材による汚れ

洗濯機で洗うだけでは心もとない頑固な、落ちにくい汚れがあります。

これらは洗濯ネットに入れる前に手洗い(部分洗い)します。

ファンデーションや口紅といったメイク用品の汚れは、クレンジングオイルなどのメイク落としで部分洗いをします。

他の衣類に色がうつらないように、部分洗いしたあとはメイク落としを石けん類でしっかり落として、ぬるま湯で洗い流します。

ソース、ケチャップ、マヨネーズなど食材による汚れの場合は、食器用洗剤で部分洗いをして、ぬるま湯で洗い流します。

わたし
わたし

何度も使うとガーゼマスクって口の辺りを中心に黄ばむんだよね。

マスクの黄ばみは「ウタマロ石けん」で部分洗いがおすすめです。

天の声
天の声

ウタマロ石けん ”立てて保管もできる”専用ケース付き

ウタマロ石けんは色々なところで買えて、そちらの方が安いことが多いのでネット通販より実店舗での購入がオススメです。

但し、専用ケースは意外とありません。

ウタマロ石けんは普通の石けんより1~2回り大きいので、普通の石けんケースでは小さいことが多いです。

専用ケースが欲しいなら、Amazonがおすすめ。

Amazonで購入する

ー この記事はここで終わりです -

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

96人の購読者に加わりましょう

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください