広告

ガーゼマスクを洗うときに便利なアイテム

●健康管理
●健康管理●衣類の管理
この記事は約2分で読めます。

 コロナ禍でマスク着用が日常化し、毎日何枚も洗濯しています。

 型崩れしてしまうので最初は手洗いしていましたが、毎日大量にマスクが必要なので3日で手洗いが嫌になりました。手洗いでは脱水も弱いので乾くのに時間もかかってしまいます。

 マスクを洗うときに「手洗い(押し洗い)」が推奨されるのは、ガーゼが傷みやすく、型崩れしやすいからです。この2つを考えた結果、「ブラジャー専用の洗濯ネット」を使うことにしました。

 100円ショップで買うことができます。写真のはDAISOで買いましたが、円形の樹脂パーツで洗濯物を挟み込むようになっています。

 これに入れれば洗濯機で洗っても型崩れしにくいです。

 円形の樹脂パーツがネットがねじれるのを防ぎ、かつ、柔らかいパーツなので外からの力によって中心に向かって押し洗いできるようになっています。

 実際に使ってみると、ガーゼ、木綿、化繊のどの素材のマスクでも生地がよれず、型崩れもしませんでした。「洗濯機で洗えること」は手間の短縮の他に、

  • 手洗いよりも洗剤残りがかなり少ない
  • しっかり脱水できるので、室内干しでも一晩で乾く

 洗剤が残っていたり、乾燥に時間がかかってしまうと、菌が繁殖して生乾き臭がしてしまいます。さらに肌荒れの原因にもなってしまいます。

天の声
天の声

マスクが黄ばんだら「ウタマロ石けん」で洗うときれいになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました