peppermint tea on teacup

enherb(エンハーブ)で気軽にハーブティライフ

peppermint tea on teacup
Photo by Mareefe on Pexels.com

ハーブ(Herb)とは?

Herb(ハーブ)の語源はラテン語で「草」を意味するHerba(ヘルバ)で、現代ではハーブは「健康や美容に役立つ植物」を指します。

ハーブを使った伝統療法では、ハーブの効果が穏やかに機能して体や心の不調を整えてくれます。近年ハーブの効果は医学的に研究され始めています。

日本でも野草を使って体調を整えていた

年末年始の疲れた胃腸をいたわる七草粥や、寒い冬を乗り切る冬至のかぼちゃやゆず湯など、日本でも食事や飲み物で健康や美容に役立つ植物(=ハーブ)のチカラを取りいれる慣習が数多くあります。

ハーブティーの魅力

ハーブティーは複数がハーブをブレンドされていて飲みやすくなっており、効果も相乗効果で1つ1つのハーブの効果がより高まるといわれています。

ハーブティーは1日500ml~1000ml飲むのが理想といわれています(一度に大量に飲まず少量ずつ数回にわけて飲む)。

ハーブの効果が出るのは約3ヶ月目から

ハーブの効果は緩やかなので継続して飲み続けることが重要なので味は大切です。日本のハーブ専門店のハーブティーは日本人の味覚に合わせてブレンドされています。

ハーブティーの効果が表れるのは約3ヶ月頃からです。

はじめの2ヶ月間は体を浄化して、土台を作る期間になります。3ヶ月目になって実感できるという人が多いです。

ハーブティーを専門店で購入すべき理由

ハーブはポプリや染料として利用することがあるため、全てが食用・飲用として輸入されていません。

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」のような専門店が販売しているハーブティーは残留農薬検査や食品検査をクリアした安全なハーブが使われているので、安心して普段使いができます。

さらに、enherbのハーブティーはカフェイン・砂糖・その他不要な添加物を一切含みません(※一部商品はカフェイン含有)。砂糖が入っていなくても自然の甘みで飲みやすくなっています。

サントリーグループのハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

【体験談】2種類のハーブティーを毎日800ml

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」で今回購入したのは、理想のスタイルづくりに19種の本気応援ハーブをブレンドした『最強のアタシ』と、すっきりラインを手に入れたい人向けの『ポンポコタヌキになりたくない時に』です。

どちらも味にクセがなく飲みやすいです。

毎日2種類、2杯ずつ。

約200ml×2×2=800ml、理想的なハーブ成分摂取量が1日500ml×1000mlのようなので効果が見込めそうです。

お茶パックを使うと違う種類でも手軽に飲めます。私はめんどくさがり屋なのでティーポットを毎回洗って使いながら飲み続けるのは難しいと判断しました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください