日本の風習

●子どものこと

地域の祭りは子ども時代の思い出

祭りとは”生贄の肉を祭壇に飾る”という祭祀ですが、地域住民参加型の小規模な祭りは地域の交流の場です。
ニュース

てるてる坊主にまつわる、少し怖いはなし

てるてる坊主は日本の風習のひとつで、翌日の晴天を願って軒先などに吊るされる人形です。「日が照る」から、「照る照る坊主」とも書かれるようです。今回はてるてる坊主の起源や、使った(?)てるてる坊主はどうしたらよいか、をまとめました。ちなみに或る調査では「てるてる坊主は効果がある」と答えた人は約6割だったそうです。
ニュース

年賀状は必要?今どき出す人は2人に1人

年賀状の販売数は年々減っていて、最近ではSNSなど手軽な手段で新年の挨拶をする人も増えているようです。年賀状が必要かどうかは各人で決めることですが、私論ですが、年賀状には近年薄くなりがちな人との縁をつなぐ役割があると思っています。難しく考えず年賀状プリントで、手書きで一筆添えて、今年は新年を言祝いでみませんか?
ニュース

ゆず湯にかぼちゃ、日本の『冬至』とは?

一年で最も日が短い冬至は、これから厳しい寒さを迎えるにあたり「ゆず湯に入って体を温める」なといった風邪予防など健康に関する風習があります。新型コロナウイルスの新たな変異株の登場など、今年の冬もコロナを始めとしたいろいろな感染症に注意しなければいけません。改めて冬至の風習と冬の感染症(風邪)対策をまとめました。
●掃除や整理整頓

掃除して正月は料理と酒で年神様をもてなす

日本の正月は「年神様をもてなす日」なので、年内に家を掃除して穢れを払い、料理と酒を準備します。
ニュース

中秋の名月、月と文化の関係は面白い

日本人にとって夜空に月が浮かぶ風景は「美しいもの」であり、空気が乾いて空が清んでいる秋は一年で一番月がきれいに見える季節です。そんな秋の真ん中にあるのが十五夜の月見で、実は月見は中国にならった風習ですが、日本独自の月見の風習「二夜の月」があります。一年に二回の月見、十五夜ともうひとつ、今年は二夜の月見をしませんか?
料理&酒

七草粥とは?七草の効果や由来を紹介

1月7日に七草粥を食べる風習は唐の時代の「人日に七種菜羹(7種類の野菜を入れた汁物)を食べて無病息災を祈る」という風習が日本に伝わり、そして日本由来の『若菜摘み』という風習と結びついて生まれた風習と言われています(諸説あり)。七種菜羹が七草を入れた粥になったのは室町時代のといわれています。
子ども

祭りの中止が相次ぎ、子どもに「日本人らしさ」が育たない

2020年は祭りの中止が相次ぎ、季節を感じる機会が激減しています。祭りロスは子どもの教育にも影響を与えます。
広告
タイトルとURLをコピーしました