乾燥肌(敏感肌)

●美容とダイエット

肌の守備力を高めて、冬の乾燥に備える

北関東の名物「赤城おろし」、この乾燥した冷たい風は乾燥気味のわたしの肌を容赦なく傷めつけます。
美容

子どもの乾燥肌、入浴後におすすめの保湿クリーム

子どもが肌のかゆみを訴えています。これは冬の間に保湿が不十分で肌が乾燥して肌のバリア機能が低下して、そこに花粉など外的刺激で炎症を起こしているからだそうです。肌にも保湿機能がありますが、春は肌の保湿機能だけでは足りず、特に肌が無防備になる入浴後はクリームなどで保湿する必要があります。
美容

肌の乾燥で起きやすい『花粉(症)皮膚炎』

花粉皮膚炎とは、上まぶた、ほお骨、あご、首を中心に、肌荒れ、かゆみ、熱っぽさを感じる症状です。花粉が多い季節に起きやすく、花粉症じゃなくても乾燥肌だったり、マイクロダストに弱い肌の人は起きやすいそうです。スギ花粉が飛ぶ2月~4月は乾燥により肌のバリア機能が低下しているため、より一層花粉皮膚炎が起きやすくなっています。
美容

フェイスライン消滅、顔のたるみは老けの原因

マスクを外した顔の写真をとったら、その疲れて老けた感じに見える自分の顔に驚きました。原因は顔のたるみ、フェイスラインがぼやけています。なぜ一気に顔がたるんだのか、原因はマスク。コロナ禍で長時間マスクを着用することになり、表情筋を使わなくなったり、常に皮膚を口元に向けて引っ張ったりとで、顔がたるみやすくなったようです。
●美容とダイエット

子どもと一緒にお風呂に入った後の時短ケア

育児で忙しくて風呂上りにのんびり肌ケアできない人にオススメの基礎化粧品が『エヌオーガニック』。
健康

乾燥しない入浴法、子どもの肌の炎症を防ぐ

子どもの皮膚は大人に比べて薄いため保湿機能が未熟で、空気が乾燥する冬になると皮膚にかゆみが起きてしまいます。子どもの皮膚を乾燥から防ぐ方法をまとめました。
美容

ハリがない肌、老け顔のスタートライン

アラフォーの肌にはハリがない!知識では知っていたけれど、どこか自分には無関係と思っていたことを現実だと実感させられました。
美容

日焼け予防、「SPF」と「PA」について

日焼け止めクリームには「SPF」と「PA」の2つの表示があります。どちらも高い方が日焼け止め効果は高いですが、その分だけ肌の負担にもなってしまいます。紫外線は窓ガラスを通しても肌に到達するから紫外線ケアも重要、肌ケアも重要。最低限のSPFとPAで済むように、SPFとPAについて知っておきましょう。
広告
タイトルとURLをコピーしました