広告

感染拡大中のインフルエンザに罹らない方法

●健康管理
●健康管理
この記事は約5分で読めます。

冬に高熱が出ると「インフルエンザ」を疑われます。今回39℃近い高熱が出た子どもを病院に連れて行くとやっぱりインフルエンザの検査を受けました(結果は陰性)。

運よく子どもは陰性でしたが、子どものクラスはインフルエンザの流行で学級閉鎖。

子どものクラスのこれは珍しいことではなく、ここ数日関東のあちこちで学級閉鎖が立て続け。この急な感染拡大は太平洋側を中心に空気が乾燥している状態が続いていることが原因と言われます(東京はここ約3週間降水が全くない)。

今後もしばらく空気の乾いた状態が続くそうなので、当分はインフルエンザに警戒が必要です(高熱が出た場合は直ぐに病院に行って検査を受けるなど)。

今回はインフルエンザの予防策について(100%防ぐ方法はありません)。

ワクチン接種

インフルエンザワクチンの接種はインフルエンザ感染症の発症を抑える効果があり、仮に発症しても重症化や合併症を防ぐことができます。

基本的に10月からインフルエンザワクチンの接種が可能になります。

インフルエンザワクチンの接種は毎年必要です。毎年流行するウイルスのタイプ(株)が異なるため、毎年「流行するインフルエンザウイルスの株」を予測してインフルエンザワクチンが製造されます。

ワクチン製造メーカーの供給量には限界があるので、ワクチンの円滑な利用のために厚生労働省は次のように接種スケジュール(優先者)を決めています。

 10月…医療従事者

 11月…妊婦や糖尿病などの基礎疾患を持っている人

 12月…乳幼児・小児(1歳~小学3年生)、高齢者

生後6ヶ月からワクチン接種ができる

インフルエンザワクチンを接種してよい月齢については「生後6か月から」という見解が一般的です。 厚生労働省のWebサイトではインフルエンザワクチンの接種量および接種回数に関して「(生後)6か月以上」という記載があります。

米国保健社会福祉省および疾病予防管理センターも「月齢6ヶ月~59ヶ月の健康な乳幼児はインフルエンザワクチンを毎年接種すべき」と推奨しています。

妊娠中でもワクチン接種できる

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンなので、妊娠中でも接種することができます。

妊婦さんがインフルエンザに感染すると、風しんの感染のように胎児に障害が現れることはありませんが、妊娠経過や出産等に悪影響を及ぼす可能性があるので予防は重要です。万が一インフルエンザにかかったら、すぐに適切な治療を行うことが望ましいです。

また、妊娠中のワクチン接種によってできたインフルエンザに対する免疫(抗体)は胎児にも移行するので、産まれてまもない赤ちゃんのインフルエンザ予防につながるそうです。

外出時はマスクをする

インフルエンザの流行時期、12月下旬~翌年3月上旬は外出時にマスクを着用することでインフルエンザ感染を防ぐことができます。

疲労気味、睡眠不足など体調が万全でない場合は感染症を発症しやすいので外出そのものを控えることがインフルエンザ予防に大切です。

\48時間限定!/【先着限定クーポンで最安1袋277円】12/1 23:59迄 cicibella 3Dマスク 立体マスク 不織布 接触冷感 血色マスク 不織布 接触冷感 マスク 立体 マスク カラーマスク 3D マスク バイカラー 小顔マスク 耳が痛くならない 20枚 10枚*2

価格:1,980円
(2022/11/30 18:32時点)
感想(14045件)

手洗い・うがい+アルコール除菌

手洗い・うがいは感染症予防に有効な、誰でもできる予防法です。

エンベロープという脂質性の膜で包まれているインフルエンザウイルスはアルコールに弱いため、アルコールを主成分とした消毒剤で効率よく除菌できます。

湿気を含む衣類に付着したウイルスはさほど問題ではありませんが、ドアノブやスマホなど金属や樹脂に付着したウイルスは長生きする可能性があるのでアルコール消毒が予防に有効です。

加湿する

インフルエンザウイルスは50~60%の湿度の中では15分ほどで死滅するので、加湿器などを使って過湿するのが効果的です。

逆に乾燥しているとウイルスは24時間ほど生存します。

インフルエンザを紅茶で予防できる説がある

紅茶にはインフルエンザウイルスを15秒で無効化する効果があることが研究で分かったそうです(生体内でも同じ無効化ができる)。

一度無効化になったインフルエンザウイルスの感染力が復活することはないため、紅茶を飲んだり紅茶でうがいをすることでインフルエンザの発症を抑制できることも判明しています。

※三井農林の研究プロジェクトが行なった「紅茶のインフルエンザウイルス感染阻止力の研究」

インフルエンザウイルスを無効化する紅茶の成分は「テアフラビン」で、紅茶にレモンを加えると働きが促進され、逆に紅茶にミルクを加えると働きが阻害されるそうです。

カフェインは無効化に影響はないので、ノンカフェインの紅茶でも無効化の効果があります。妊婦や乳幼児にはカフェインレスの紅茶の方がおすすめです。

カフェインレス 紅茶 ティーバッグ 選べる3点セット【メール便送料無料】 妊婦 授乳中 飲み物 美味しい ノンカフェイン プレゼント おしゃれ 妊活 マタニティー クリスマス ギフト 可愛い 贈り物 不思議の国のアリス 紅茶の国のアリス (日時指定熨斗掛け不可)

価格:2,490円
(2022/11/30 18:27時点)
感想(62件)

紅茶に砂糖を入れる人は、砂糖の代わりにインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果のあるマヌカハニーを入れるのをおすすめします。

「マヌカ」とはニュージーランドに生息する植物で、マヌカハニーには他のハチミツにはない健康的なメリットが多くあります(MGOの数値が高いほど健康のケアに効果が大きい)。

マヌカハニー お試し MGS認証 マヌカハニー 8 250g (MG200 ) 【初回限定/1本でも送料無料】 生 はちみつ 非加熱 無添加 純粋はちみつ 蜂蜜 ハチミツ マリリニュージーランド 【送料無料】 【分析証明書/認定書付き】

価格:2,980円
(2022/11/30 18:30時点)
感想(1592件)

コメント

  1. […]  ・流行中のインフルエンザに罹らない方法 | 『 』 […]

タイトルとURLをコピーしました