高い尿酸値の人が飲む処方薬『ウロカルン』と『アロプリノール』

旦那は高尿酸血症です。

“血症”となるとすごく重度の病気な気がしてしまいますが、高尿酸血症は血清尿酸値が7.0mg/dlを超えた人全てが当てはまる病気』です。性別や年齢は関係なく罹患者が多い病気です。

よく聞く『痛風』はこの高尿酸血症が慢性化してしまったときに起こる(かもしれない)病気です。痛風は急性関節炎で、尿酸値の値が高くなるに比例して発症リスクが高まるという報告もあります。

高尿酸血症と診断され、結石(と予想されるもの)で背中に痛みがある旦那は【ウロカルン】【アロプリノール】を飲んでいます。

腎結石や尿管結石の排出促進に用いられるウロカルン(主成分:ウラジロガシエキス)には「結石が大きくなるのを抑える」、「結石を溶解する」、「炎症を抑える」などの効能および利尿作用があります。飲むとトイレに行く頻度が上がると旦那は言っています。

ウロカルンの副作用として、胃の不快感、胃が張る感じ、胃腸障害(吐き気・下痢・食欲不振)などが報告されています。

高尿酸血症の改善に用いられるアロプリノール(主成分:アロプリノール)にはキサンチンオキシダーゼを阻害することにより尿酸の生成の抑制作用があり、結果として血中や尿中の尿酸量を低下させる効果があります。

アロプリノールの主な副作用として、発疹、かゆみ、関節痛、貧血、紫斑、リンパ節症、腎機能異常、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢、全身倦怠感、脱毛などが報告されています。

高尿酸血症は生活習慣病でもあります。高尿酸血症の改善には食生活を中心とした生活の見直しが重要です。

  • プリン体削減
  • 水分補給
  • 適度な運動

特に食事内容は尿酸値に強く影響します。長期間の調査の結果、野菜や乳製品を積極的に摂取し、肉や海産物は少し控えると良いようです。

痛風の原因としてあがりやすい『プリン体』。

プリン体は体内で尿酸になるため高尿酸血症の改善にはプリン体の摂取量を減らすことが重要です(体内の尿酸が増えると血液中に蓄積されて血清尿酸値が高くなる)。プリン体はビールや肉・魚の内臓類に多く含まれ、水に溶けやすいので肉や魚からとったスープにも注意が必要です。

●この記事を読んだ人におすすめ●

スポンサードリンク Amazon.co.jp(アマゾン)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください