暖冬が原因で虫が多い2020年夏は〇〇〇で蚊やコバエを追い払って、植物の病害虫被害を減らそう!

バラにつくアブラムシやイモムシの量が例年以上に多く、玄関扉につくコバエの数が異常なので「2020年夏は虫が多い?」と感じていましたが、農林水産省が「2019-2020年の【暖冬】の影響で2020年夏は虫が多い」と発表していました。

昨年の冬は確かに寒い日が例年より少なく過ごしやすかったわけですが、これは虫も同じこと。本来寒さに耐えきれないはずが暖冬で越冬できてしまい、そのあとの夏は虫の個体数が例年よりも多くなるわけです。

農林水産省が公表する令和2年度病害虫発生予報の第1号(4月版)から第4号(7月版)によると、埼玉県を含む南関東で例年より発生が多く農作物等に影響を与えるのが「アブラムシ」と「ハダニ」です。

確かに今年はバラの新芽という新芽にアブラムシが大量についていて駆除が大変です。

さらに今年困らされているのが「イモムシ」。とにかく例年にない大量発生。見つけたときは「うわっ”(-“”-)”」でした。

葉の端から食べられているのでおそらくチョウレンジハバチの幼虫(おしりを跳ね上げているのが特徴)、大量に発生して旺盛な食欲でバラの葉を食べています。普段なら青々しているバラたちが枝・茎・葉脈だけになっている状態です。

チョウレンジハバチの幼虫は農薬で駆除することができます。成虫を見つけたら捕殺して駆除、枝に卵が産みつけられていたら枝ごと切除か爪楊枝等で卵をつぶして孵化を防ぐ必要があります(早期対策・早期駆除が大切)。

害虫の被害を受けた植物は弱くなり、弱くなれば人間と同様に病気にもかかりやすくなります。そうなる前に害虫を駆除して、殺菌して、土壌を活性化させて植物に元気の源(栄養)を与えたいところ。これが1本でできてしまうのが【木酢酢(液)】です。

木酢液は木炭を作るときに発生する水蒸気を冷やして回収した液体で、有機酸・アルコール・フェノール類・ビタミン・ミネラルなど200種類以上の成分が含まれている【殺菌・殺虫能力が高い液体】です。

ホームセンターやドラッグストアで売っていて、原液そのままではなく100倍以上に薄めて使うのが一般的なので1本で広範囲をまかなえます。購入するときは【透明で深い赤茶色のものが良質な木酢液】であり、黄色く透明な木酢液は肌につける用のため農薬の効果は薄いです。

木酢液をまくと木を燃やした酸っぱいニオイがします(BBQの炭のニオイ)。この【木酢液のニオイには蚊やコバエを寄せ付けない、害虫に対する忌避効果も期待できる】ので玄関周りやベランダ、蚊が発生しやすい湿度の高い場所にまいておくと良いです

動物が本能的に嫌がるニオイなので、野良猫などの糞尿被害を減らす効果があります。

●この記事を読んだ人におすすめ●

スポンサードリンク Amazon.co.jp(アマゾン)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください