血液検査

「注射が嫌だ」という理由で会社員が定期健康診断を回避できるのか?

健康診断の案内が届いた旦那は注射が大嫌いなため『憂うつ』を絵に描いたような状態です。ここ数回の結果が”尿酸値高め”だったので、ビールを断っていることも憂うつに拍車をかけているようです。

さて、タイトルの「注射が嫌だから健康診断を回避したい」について、結論を先にいうと「受診しなくても法律で定められた罰則等はないが、就業規則で懲戒や賞与カットなどの罰則を受ける可能性がある」です。

【事業者が常時雇用の労働者に対して年1回以上の健康診断を実施すること】は義務です。労働安全衛生法第66条(1項)で定められています。同法律では労働者の受診義務を規定しています(5項)。

  • 事業者が健康診断を実施していない場合は【労働安全衛生法違反】となり、違反した事業者は50万円以下の罰金
  • 事業者が健康診断を実施しているにも関わらず労働者が受診していない場合は【受診義務違反】となるが、労働者に対し特に罰則はない

【事業者には労働者の健康に対して雇用契約上一定の責任がある】ため、健康診断を実施していない事業者に対しては罰則があります。一方で、事業者が実施している健康診断を受診しない労働者は法律に違反しているものの罰則は特にありません。

結果として「健康診断を受けない」という選択肢が労働者(会社員)にはあるようですが、事業者は健康診断を受けない労働者を放っておけません。【健康診断を労働者に受診させないことは事業者にとって大きなリスクとなる】からです。

『リスク』とは、労働者が業務を起因とする病気に罹ったり死亡することになったときのこと。こうなると事業者は安全配慮義務を問われ、遺族に対する損害賠償責任も生じます。

このリスクを回避するために実施するのが健康診断です。事業者は健康診断の結果を見て労働者の健康状態を把握し、異常が分かった場合は医師の意見を聞きながら該当の労働者の働き方を見直します。

事業者にとって労働者の受診義務違反に罰則がないのはリスクや強制力を考えると困ったこと、そのため事業者は受診義務の法律をもとに【就業規則で指定している健康診断を受けなかった場合の罰則を規定していることが多い】です。

健康診断を受けなかったことによる罰則は会社の就業規則による

健康診断が回避できなくても、注射は回避できるのか?

定期健康診断の項目は法律(労働安全衛生法第44条)で次のように決められています。

  1. 既往歴及び業務歴の調査
  2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  3. 身長(☆)、体重、腹囲(☆)、視力及び聴力の検査
  4. 胸部エックス線検査(☆) 及び喀痰検査(☆)
  5. 血圧の測定
  6. 貧血検査(血色素量及び赤血球数)(☆)
  7. 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)(☆)
  8. 血中脂質検査(LDLコレステロール,HDLコレステロール、血清トリグリセライド)(☆)
  9. 血糖検査(☆)
  10. 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
  11. 心電図検査(☆)

上の11項目のうち、☆がついている項目はそれぞれの基準に基づき医師が不要と判断すれば省略することができますが(会社で実施する健康診断なので法律よりも就業規則に規定された項目が優先)、法律上40歳以上で省略できる項目は身長のみです。

旦那が嫌いな注射による検査項目は6~9ですが、35歳を除く40歳未満の者は医師が不要と判断すれば省略できることに法律ではなっています(会社で実施する健康診断なので法律よりも就業規則に規定された項目が優先)。

アラフォーの旦那。40歳までは交渉次第で注射を免除できたかもしれない……なんて、15年以上の苦労が水泡に帰すので言えません。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください