保温と保湿機能のせいでマスクをつけていると熱中症になりやすい!屋外と屋内など状況にあった熱中症対策と感染症対策のバランスが重要!

真夏日を超えて梅雨が始まりましたが、未だ新型コロナウイルスの感染者は出ていて、私たちも感染症対策として外出時はマスクをつけています。

しかし暑い!!

暑くてもマスクはつけなければいけないので、先日から我が家は不織布マスクから布製マスクに変更しました。通気性が良いのでコロナ対策には弱いですが、涼しいので屋外でも苦ではありません。

布製マスクは洗濯して繰り返し使用できるので我が家の洗濯物にマスクが増えました(布製マスクは手洗いが基本)。これも【新しい生活様式】です。

新型コロナウイルスの出現により私たちは【新しい生活様式】が求められています。【新しい生活様式】は感染症の拡大防止策に基づいています。

  1. 他人と2m以上距離をとる
  2. マスクの着用
  3. 手洗いや消毒の実施
  4. 3密(密集・密接・密閉)を避ける

2020年は今までと違う【新しい生活様式】で迎える初めての夏です。いままで夏は感染症のリスクが低かったため「夏にマスク」というスタイルはなかったため、感染症対策と熱中症対策の両立に悩むところです。

夏のマスクの問題は”暑さ”。

気温30℃の屋外でマスクをすると口元の温度は39~40℃にあがり、マスクをしていないときに比べると3℃ほど高くなります。呼吸によってヒトの体は熱を放出し体温を下げているので、【マスクが熱放出が妨げられると体内に熱がこもり熱中症になる】リスクが高まります。

  • 通気性の高い素材のマスクを使用する(ガーゼ等の布製)
  • 屋外で他人と2m以上の距離が確保できる場合はマスクを外す
  • 負荷の大きな作業や運動は避ける(特に日中の高温時)
  • 『暑さ指数(WBGT)』を参考に外出計画を立てる

熱中症を防ぎながらマスクを着用するためには、【素材の違うマスクを使い分けること】が大切です。

  • 屋外では通気性のよいガーゼなど布製のマスクを使う(通気性が良い=ウイルスをブロックしない)
  • 屋内では咳やくしゃみ等の飛沫を防げるレベルの不織布製のマスクを使う(エアコンなどを適当に使用して涼しい屋内であること)

日本有数の熱い街・熊谷のある埼玉県北部では、現在の感染者数から鑑みても、新型コロナウイルス感染症のリスクよりも熱中症のリスクの方が重要です。


ウレタン素材のマスクはしっとりと肌に馴染んで息苦しさもありません

マスクには保温機能だけでなく保湿機能もあるので喉が渇きにくくなり、水分補給は喉が渇く前にすることが大事です(マスク着用/未着用に限らず)。

体が熱くなると呼吸回数が増え、空気の行き来が多くなる喉が乾きます。

喉が渇いたときにはすでに体は熱くなっているので、それから水分補給では遅いです。喉が渇きにくくなっていると更に水分補給が遅れてしまい危険です。マスクを着用していると保温機能により熱が体外に逃げず体温が上がりやすいので、通常よりも短い間隔で水分補給をするようにします。

水分を補給する量は1日あたり1.2Lが目安です(食事で補給する分を除く)。運動や屋外作業などで大量に汗をかいた場合は更に多くの水分を、スポーツドリンクなどで水分だけでなく塩分と糖分を補給することが大切です。


ペットボトル1本分(500ml)よりも少な目の480mlとコンパクトで持ち歩き楽々。白・黒・青・ピンクの4色あって、ふたも分解して洗えるので衛生的。象印の魔法瓶なので結露の心配一切なしの安心設計。

https://xn--k9jc5i.com/news/kanso/20200519-abenomask/
https://xn--k9jc5i.com/housekeeping/cleaning/dolcibolle-20200603/
スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください