『むくみ』はカリウム摂取で改善

浮腫み(むくみ)の解消に効く栄養はミネラルのひとつ「カリウム」です。浮腫むと「リンパを流れにくくして細胞周辺に老廃物が溜まりやすくなる」「脂肪細胞周辺に老廃物が集まってセルライト化」など肥満が悪化してしまいます。浮腫みの改善はダイエットには不可欠、ダイエットにはカリウムの摂取が重要になります。

骨盤矯正、適度な運動と併せないと効果なし

産後は誰もが骨盤が開いて歪んでしまいますが、その後「開いた骨盤を閉じて正しい位置に戻せるか」が今後の体調を大きく左右する、、、ということが最近分かりました。骨盤矯正は整体などに行けばすぐに施術してもらえ、1回の施術で大体正しい位置に戻せるそうです。しかし何もしないと即元通り、、、それを防ぐのが運動(筋トレ)です。

40歳、今さら聞けない『セルライト』予防法

日本人女性の8割にあるセルライト。この脂肪と老廃物を混ぜてコラーゲンでコーティングした”燃えにくい脂肪”じゃ血やリンパの巡りを悪くして、冷え性や浮腫みの原因になっています。運動や食事制限をしてもぜんぜん痩せない原因はセルライトとも言われていて、セルライトがとれれば一気に痩せるのも夢じゃないとか。

40歳、更年期障害対策『ホットヨガ』

女性は40歳くらいから女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減り始め、それによって心身に不調が見られるようになります。更年期障害もそのひとつで、更年期障害対策は40代前半には始めたいところです。オススメはホットヨガで、500円ほどで手軽に体験することもできます。思い立ったその日が吉日、ホットヨガ体験してみませんか?

レジ袋有料化、環境改善効果はどのくらい?

2020年7月から日本国内のレジ袋が有料化され、1年以上経ちレジ袋の使用量は約30%削減されたそうです。でもレジ袋削減は環境を改善できたのでしょうか?レジ袋の代わりに使用されるようになったエコバッグ。10枚以上持っている人も少なくないエコバッグ、大量にエコバッグが作られることはエコ活動にプラスとなるのでしょうか。

埼玉県の経営5か年計画、水道代値上げ案浮上

水道用水事業などを所管している埼玉県企業局は経営5か年計画素案(2022年度~26年度)で県が市町村に供給する水道用水や工業用水道の料金(供給単価)値上げを検討する必要性を指摘。料金値上げが必要なのは、施設の修繕や更新に必要な費用が増え続けているから、人口減少により需要が減少しているからなどです。

関東平野部は雪パニック、雪対策は忘れずに!

関東平野部はわずかな積雪でも社会活動に大きな影響があります。しかし毎回いろいろなトラブルが発生しているにも関わらず、雪が実際に降らないと雪対策、タイヤ交換や除雪道具の準備など、を始めない傾向にあります。とてもリスキーなことです。今回は12月頃には整えておきたい雪対策(関東平野部向け)についてまとめました。