有料動画配信サービス利用率が約3割、Amazonプライム・ビデオが一番人気

ある調査によると最近テレビ放送を見ている人が減っているそうです。この調査の目的はAmazonプライム・ビデオやNetflixなどの有料動画配信サービスの利用率で、コロナ禍の影響もあって利用経験者は約3割だったそうです。優良動画配信サービスの市場規模は年々拡大、今回は有料動画配信サービスについて。

男性がヨガをやるのはおかしいのか?

ヨガをやったら前屈で手が床にペタッとつくようになりました。加齢で足が短くなることは無いようなので柔軟性が上がったと考えられます。柔軟性が上がると血行が良くなって代謝があがり基礎的な免疫力が向上したり、転んでけがをしにくくなったりします。さて、今回は「男性はヨガをやらないのか」「ヨガをやる男性は変なのか」を調べました。

七夕の短冊、願い事で色を決める

七夕の歌にある「五色の短冊」。この五色は5つの色という意味で、古代中国の五行思想に基づいて「赤」「白」「青または緑」「黄」そして「黒または紫」です。そして「どの色の短冊に願い事を書くか」は、願い事の内容で決まるそうです。子どもは「約束を守ること」を意味する黄色の短冊に「ケーキ屋さんになりたい」と書いていました。願いが叶いますように。

KDDIの通信障害、「重大な事故」と認定される

7月2日から50時間以上続いている通信障害の影響で、7月4日の東京株式市場ではKDDI株が一時3.9%ダウン。「個人を中心に顧客離れにつながりかねない」と警戒されたようです。KDDIは4日の朝には「データ通信はおおむね回復している」と発表していますが、流量制御などの影響か音声通話が利用しづらい状況は依然続いています。

拡大する『サル痘』、日本の”備え”について

日本経済新聞の記事(2022年7月2日)によると、欧州のサル痘感染者数が直近約2週間で3倍(約1500人→約4500人)に増えたと世界保健機関(WHO)が発表したそうです。サル痘については感染の約9割が欧州でとのことですが、先日韓国で感染者が出て少し騒ぎになりました。今回は「サル痘」について。

猛暑日をおそう「電力需給ひっ迫注意報」とは?

埼玉県は6日連続猛暑日を記録、未だ大暑前だというのに約40℃の高温にさらされています。温度が異常に上がるということは電力の使用量も増え、東京電力管内では6月26日から4日間「電力需給ひっ迫注意報」が発令されました(6月30日18時解除)。今回は電力需給ひっ迫警報(注意報)について。

給食の牛乳を飲まない子どもが増えている

給食がパンでもご飯でもほぼ毎日牛乳が登場するのは、文科省が定めた「給食の栄養摂取基準」が理由です。給食の栄養摂取基準では「1日に必要なカルシウム量の約50%を(給食で)摂取すること」と決められていて、その量のカルシウムを摂取するのに牛乳が一番効率が良いからです。今回は給食と牛乳について。