感染症

●健康管理

国内初のコロナ用飲み薬「ゾコーバ」

塩野義製薬の新型コロナウイルス用飲み薬「ゾコーバ」が承認されたので12月頃から実用化されるそうです。
健康

拡大する『サル痘』、日本の”備え”について

日本経済新聞の記事(2022年7月2日)によると、欧州のサル痘感染者数が直近約2週間で3倍(約1500人→約4500人)に増えたと世界保健機関(WHO)が発表したそうです。サル痘については感染の約9割が欧州でとのことですが、先日韓国で感染者が出て少し騒ぎになりました。今回は「サル痘」について。
健康

帯状疱疹が急増、原因はコロナとストレス?

性肝炎が増えていること」について原因のひとつに新型コロナウイルス(コロナ禍)があげられていますが、同じくコロナ禍で”増えているようだ”と推測されているのが帯状疱疹です。帯状疱疹の患者は世界的に増加の傾向が見られ、コロナ以前に比べて30%~75%増えた様です。今回は新型コロナウイルス(感染症)と帯状疱疹の関係について。
健康

子どもの急性肝炎、「アデノウイルス原因説」が有力視

子どもの急性肝炎が欧米を中心に流行っています。WHOの発表によるとイギリスやスペインなど27カ国、約450例が確認されています。日本でもすでに発見された7人の患者に、今回新たに発見した5人を加え、患者は合計12人です。今回の小児の急性肝炎についていくつかの機関が様々な原因(仮説)を発表し始めています。
健康

「モーツァルトの曲を聞くだけ」の健康増進法

朝昼晩とそれぞれ20分ずつ、モーツァルトの楽曲を聞くと免疫機能が高まるそうです。モーツァルトの曲を10分ほど聴くと体がポカポカして唾液が出てくる生体反応は免疫学的に解明されています。体温が上昇すると免疫機能が向上し、唾液が出ることで免疫物質IgAが分泌され、風邪などの原因となる病原体やウイルスを撃退する力が高まります。
健康

基礎体温0.1℃上がると基礎代謝1.5%アップ

冷え症を改善すると体全体の温度が上がり、基礎代謝量が上がり自然とやせていきます。
健康

子どもの急性肝炎、原因になぜか「アデノウイルス」が浮上

子どもの急性肝炎が欧米を中心に流行っています。WHOの発表によるとイギリスやスペインなど12カ国、少なくとも169例確認、うち1人が死亡しています(4月21日時点)。日本でも初確認の模様、可能性のある患者は16歳以下で肝移植は行っていないと発表されています(厚生労働省、4月25日発表)。
健康

日本脳炎ワクチン、供給不足で入荷待ち

日本国内で流通している日本脳炎ワクチン製造している二社のうち、ビケンのワクチンが製造上のトラブル(原液の製造工程で不純物が発生)で製造を一時停止していたからです。その影響で日本脳炎ワクチンの予防接種を待つ人の列ができ、かかりつけの病院でも20人以上が入荷待ちの状態だそうです。
広告
タイトルとURLをコピーしました