広告

ツメにタテ筋や割れ目、ツメの加齢に要注意!

健康
健康
この記事は約2分で読めます。

爪(ツメ)は加齢が原因で縦筋が目立つようになったり、割れやすくなってしまうそうです。

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

ツメにタテ筋ができる原因

ツメ(爪)のタテ筋の原因は乾燥(水分不足)です。

ツメは皮の角質が変化して硬化したものなので、ツメも肌と同じように加齢により潤いをなくしてしまいます。

潤いが無いツメは硬く、なめらかな曲線を描けなくなることでタテ筋が入ってしまいます。同時に潤いのないツメは脆く、二枚爪になったり割れたりしてしまいます。

ツメの理想的な含水量は12~16%です。

含水量は外的環境(例えば気候)で大きく変わります(5~24%の大きな範囲で変化)。

気候で注意したいのは乾燥する冬ですが、その他にマニキュアでも気を付けたいです。

マニキュアやリムーバー、特にリムーバーは水分だけでなく油分もとってしまいます。

ツメのケアは一番に保湿

ツメのケアは基本的に油性のクリーム、ハンドクリームやワセリンでも効果があります(ワセリンには薬効成分はない)。

ツメの保湿クリームには、ツメの主成分であるケラチンや保湿効果の高いコラーゲンやセラミドが配合されています。

ツメは肌と同じものなので、ツメの保湿クリームは肌にも効果があります。

ツメの健康を保つには良質なタンパク質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンDの摂取が重要になります。

ツメが割れたら皮膚科を受診

加齢が原因でツメが割れてしまったら皮膚科を受診しましょう。割れたツメを薬剤でくっつけながら保湿していく治療法になります。

ヒルドイドのように病院で処方される保湿剤は市販のものより効果があります。

参考:医薬品ヒルドイドを美容で使うケースが急増 | 『 』 (xn--k9jc5i.com)

ツメがタテに割れると治療が大変なので、タテ筋が目立つと感じたらハンドクリームなどで保湿を心がけましょう。

[su_label]ー この記事はここで終わりです -[/su_label]

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

[su_label type=”info”]ブログをメールで購読[/su_label]

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

100人の購読者に加わりましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました