広告

石油ストーブ用台(キャスター付き)を作る

●掃除や整理整頓
●掃除や整理整頓
この記事は約2分で読めます。

 我が家は石油ストーブ(ファンヒーター)を使っています。

 部屋の中の空気を吸って、温めた空気を出すタイプなのでストーブの周りにはほこりが溜まります。もちろん掃除機で吸えば掃除はお終いなのですが……石油ストーブは重いです。

 本体だけでも重さがあるのに、灯油が満タン近いと少しの移動も大変……そんなとき、旦那がキャスター付きの台を作ってくれました。

 掃除が簡単になりました。

 ついでに灯油缶用も。

 灯油の比重は約0.8なので、18Lタンクの場合は約14kgの重さになります。給油のために少し動かすのも、中腰の姿勢になるので大変です。

 SPF材を使って安く、簡単にできたそうです。

 SPF材は「安さ」が売りなので販売店側の管理は結構粗雑。完成度と耐久性を考えて、汚れ・節・反り、この3つが少ないものを選んだ方が良いです。

 ちなみに、SPF材は、Spruce(えそ松)とPine(松)Fir(もみ)の3種類を総称したもので、これらの頭文字から「SPF材」と呼ばれています(原産地はアメリカやカナダのものが多い)。材質が柔らかいので素人向けで、ホームセンターで大量に積まれて販売しています(DIY初心者でも扱いが簡単)。


 2022年秋、給油ポンプが壊れたので久しぶりにファンヒータ―の売り場に行ったら、キャスター付き台が売っていました。

 個人的にはファンヒーターの専有面積を拡げないように、とファンヒーターの下の受け皿にキャスターを取り付けるタイプがおすすめです。

移動がラクラクファンヒーターキャリー IRF-IV【暖房用品 ヒーターラック ファンヒーター台 キャリー ヒーター キャスター】

価格:1,489円
(2022/10/27 10:23時点)
感想(3件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました