節分が2月2日?2021年は節分が1日早い理由

「今年の節分は2月2日」

ナック5(Nack5、FM79.5)と聞いて、そんなことはあるのか(理由)を調べてみました。

今年の冬は新型コロナウイルスの第3波に襲われて、埼玉県では2月7日まで緊急事態宣言が発令されて店舗の営業や外出の自粛が求められています。

節分に払う鬼には疫鬼もあります。

疫鬼は流行り病などを引き起こして人間を苦しめる妖怪(鬼神)で、節分の豆まきはこの疫鬼を祓う宮中行事を元にしているという説もあります。

節分で疫鬼を祓って早く新型コロナウイルスが終息するのを切に願います。

スポンサードリンク

節分が2月2日になる理由

節分が2月2日になったのは、地球と太陽の位置がいつもと違ってちょっとズレているからです。

節分の日付は立春の日付で決まり、立春の日付は地球と太陽の位置で決まります。

節分は「立春の前日」

節分とは「季節を分ける」を意味していて、節分の日は各季節の始まり(立春・立夏・立秋・立冬)の前日になります。

1年に4回ありますが、江戸時代以降は立春の前日を指していることが多いです。

2021年は立春が1日早い

立春は「太陽黄経が315度となる日」で、天体の運行に基づいているため、立春の日付は年によって変わります。

計算の結果、2021年は立春が2月3日になるため、節分は2月2日になります。節分が1日早くなるのは明治30年以来で、124年だそうです。

ちなみに、節分が2月3日以外になったのは直近で1985年です(立春が2月5日だったので、節分が2月4日になりました。

「節分=2月3日」は古い常識になる?

節分は2022年には再び2月3日に戻りますが、2025年から4年ごとに2月2日になるため、「節分=2月3日」は古い常識になりそうです。

今世紀末にかけて立春が2月3日、節分が2月2日になる頻度が高まる傾向にあるようで、2057年と2058年は2年連続で2月2日になるようです。

節分に豆をまく理由

節分は季節の変わる頃に現れる邪気(鬼)を祓う日です。

一般的に節分では「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(=煎り大豆)をまいて厄払いをし、福豆を年の数または年の数より1つ多く豆を食べて厄除けをします。

節分の頃に現れる鬼=病気(流行り病)

「鬼」という言葉の由来には“この世ならざるもの”を意味する『隠(おぬ)』が転じたものとの一説が古くからあります。

鬼というと大きな角と鋭い牙や爪が特徴的な化物をイメージする人が多いですが、それは後に鬼の怖さを分かりやすくするためのヒューマノイドと言われています。

節分の頃は病気が流行りやすく、中国の伝承にある疫鬼が病気を引き起こして人間を苦しめるように、『鬼=流行り病』という考えもありました。

節分で鬼を祓う風習は平安時代にはあった

節分で鬼を祓う風習は、平安時代にあったといわれる追儺(ついな)や鬼遣(おにやらい)といわれた宮中行事がもとと考えられています。

追儺は元は中国の儀式で、疫病伝染病を引き起こして人間を苦しめる疫鬼を祓う儀式でした。

平安時代の女流作家が書いた『蜻蛉日記』には鬼遣に興じる人々の様子が書かれています。

鬼を祓うために豆をまくようになったのは室町時代からのようで、室町幕府の記録には公家や武家が豆まきしていた記録があります。

節分に恵方巻を食べる理由

節分に恵方巻を食べる習慣のもとは、平安時代の大晦日に年神様を祀った棚を恵方に向けて年神様を迎えた習慣と言われています。

新暦へ移行する前は正月と立春は2月だったため、立春前日の節分と正月前日の大晦日は共に年越しする日でした。

恵方巻については始まりに謎がありますが、「節分の夜に恵方に向かって願い事を思い浮かべながら恵方巻を丸かじりし、言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願い事がかなう」というのが一般に浸透しています。

恵方(えほう)は神様がいる方角

恵方とは年神様のいる方位で、その方向に向かって事を行えば万事が吉と言われています。

恵方は「明の方(あきのかた)」とも言われます。

恵方はその年の十干で決まっていて、2021年の恵方は南南東やや南です。

恵方巻の発祥は大阪(諸説あり)

恵方巻は大阪発祥の風習といわれていますが、その起源には不明な点があります。

恵方巻とその風習は2000年以降に急激に広まったものの、それ以前に恵方巻と呼ばれるもの(商品)はなかったようです。

参考:節分(Wikipedia)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください