渋沢栄一フィーバー中の深谷市!渋沢栄一は何をした人?

渋沢栄一は『日本資本主義の父』として知られ、新一万円札の図柄に選ばれて彼の出生地である深谷市は全体的に盛り上がってます。

深谷市の渋沢栄一記念館の裏にある公園は、渋沢栄一の雅号にちなんで『青淵公園』と名付けられています。

雅号とは文人・画家・書家などが本名以外につける風雅な名のことで、渋沢栄一の場合は『論語と算盤』という人気本があるので文人になるのかと。

『論語と算盤』は多くの経営者や役員の方が「教養本」として推奨しています。

「正しい道徳の富でなければ、その富を永続することができぬ」

(「論語と算盤」より)

論語は渋沢栄一の人格を形成したものといわれています。

論語が最も古くからある書物であり、他の書物の格言の多くのおおもとは論語にあったりするので、この時代とても馴染み深いものだったようです。

渋沢栄一も読んだ『論語』は今も読まれている超ベストセラーです。

これには「(時代が変わっても変わらない)人間と人間社会の本質が書かれている」と言われています。

スポンサードリンク

渋沢栄一が描かれた新一万円札はいつから?

渋沢栄一が描かれた新一万円札は2024年前半から使える予定です。

2019年4月に日銀がした2024年前半に千円札、五千円札、一万円札の各紙幣を一新させると発表しました。

紙幣の刷新は2004年以来で、一万円札の図柄は1984年に聖徳太子から福沢諭吉に変わって以来の変更です。

新千円札と新五千円札にのるのは誰?

渋沢栄一と共に貨幣の図柄となる人物は、千円札の北里柴三郎、五千円札の津田梅子です。

津田梅子は津田塾大学の創始者で、女子の英語教育に注力した人物です。

北里柴三郎は近代医学の父として知られ、感染症予防や細菌学の発展に大きく貢献し、ペスト菌を発見した功績もあります。

渋沢栄一とはどんな人物?

渋沢栄一は埼玉県出身の実業家で、22歳のときに江戸にあがって一橋家に仕えたのちに幕臣になります。

1867年にパリで開催されたパリ万博博覧会の幕府使節団に加わって渡欧。

欧州を回って西洋の近代産業や財政制度を学んでいたようで、パリ万博の翌年に明治維新が起きたことを考えると江戸幕府が倒幕したときには欧州にいたようです。

帰国後は徳川家と静岡に移住しましたが、明治2年に政府に召されて大蔵省の官吏となり財政・金融制度などを立案したものの、いろいろ周囲と対立してしまい明治6年には退官しました。

このときの渋沢栄一は30代。

退官はむしろ好機だったのか…退官と同じ年6月には第一国立銀行の設立に関与(8月に開業)。その後も精力的に王子製紙や大阪紡績などの設立に関わります。

その後は東京証券取引所やのちの一橋大学となる商法講習所の設立など、今も続く企業や経済の基礎の確立に関わりました。

70代半ばに実業界を引退した後も東京商科大学など実業教育機関の創設などの社会事業に尽力し、1920年に子爵を授けられ、そののち92歳で亡くなりました。

渋沢栄一も参加したパリ万博博覧会とは

1867年にパリで開催されたパリ万博博覧会(Exposition Universelle de Paris 1867)は日本が初めて参加した国際博覧会です。

開催を勅令したのはナポレオン3世。フランス革命を起こして皇帝になったナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)の甥にあたる人です。

日本からは江戸幕府、薩摩藩、佐賀藩が参加していました。渋沢栄一ら幕府の使節団を率いたのは徳川慶喜の弟・徳川昭武(15歳)。渋沢栄一も20代だったので比較的若い使節団だったのでしょうか。

時は江戸幕府と西南雄藩の幕末政争が激しい最中。

万博でもバトルが繰り広げられましたが、江戸・浅草の商人が設えた数寄屋造りの茶屋や柳橋芸者の3人が遊んだり煙管を吹かす姿が欧州の人たちには物珍しく公式展示以上の人気になったそうです。

渋沢栄一が作った会社

渋沢栄一が設立に関わった会社は何百もあるといわれ、その中でも代表的なのが一番最初に設立に関わり頭取として長く経営にあたった『第一国立銀行』(現在のみずほ銀行の前身)です。

第一国立銀行の経営に携わる傍らで、王子にのちの『王子製紙』となる抄紙会社を設立しました(甥が技術部門を担当)。

しかし渋沢栄一がメインでやったのは事業の経営よりも経営の指導で、いくつもの重要企業の設立時には発起人としてサポートしてきました。

需要な企業(例)

  • 日本鉄道会社…東京―青森を結ぶ
  • 大阪紡績…最初の本格的紡績企業
  • 東京ガス
  • 帝国ホテル
  • 北海道炭鉱鉄道
  • 東洋汽船
  • 京釜鉄道
  • キリンビール
  • サッポロビール
  • 日本赤十字社

One comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください