小まめなトイレ掃除は後の面倒を減らす!軽い汚れは約1ヶ月で頑固な汚れに変わる

記事更新 2021年12月9日

我が家のトイレ掃除は週1回。

トイレクイックルのシートと流せるトイレブラシを使うだけですが、これだけで頑固汚れになるのを防ぐことになります。

頑固な黄ばみ汚れがつく前に気づけばよかったのですが。

関連記事トイレの便座についた『黄ばみ汚れ』はカビキラーでとれると聞いたので挑戦してみた結果

スポンサードリンク

小まめな掃除で頑固な汚れになることを防ぐ

家事代行会社のスタッフによると、「トイレの掃除は毎日が理想。最低でも月1回」とのこと。

トイレの汚れを約1ヶ月放置すると黒ずみ・黄ばみ・尿石・水垢等のしつこい汚れ、落としにくい汚れに変化します。

尿石による黄ばみ汚れは特にしつこく、頑固な黄ばみ汚れを落とすのは手間がかかります。

スポンサードリンク

トイレの壁と床にホコリをためない

トイレの壁や床のホコリは臭いを吸収して、アンモニアなどのイヤなニオイをトイレに蔓延させてしまいます。

トイレ掃除をするときは便器やその周辺だけでなく、床や壁のホコリをきちんと掃除機などで除去した方が良いようです。

コンセントやコード部分にホコリが堆積すると火災の危険もあるので、こちらも忘れないように掃除した方が良いです。

ー この記事はここで終わりです -

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

94人の購読者に加わりましょう

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください