アレルギー

美容

肌の乾燥で起きやすい『花粉(症)皮膚炎』

花粉皮膚炎とは、上まぶた、ほお骨、あご、首を中心に、肌荒れ、かゆみ、熱っぽさを感じる症状です。花粉が多い季節に起きやすく、花粉症じゃなくても乾燥肌だったり、マイクロダストに弱い肌の人は起きやすいそうです。スギ花粉が飛ぶ2月~4月は乾燥により肌のバリア機能が低下しているため、より一層花粉皮膚炎が起きやすくなっています。
●健康管理

子どもの花粉症、花粉症の低年齢化問題

最近は花粉症患者の低年齢化がすすみ、2歳未満で花粉症になる子もいるそうです。花粉症は防ごうと思って防げるものではありませんが、花粉症になると口腔アレルギー症候群を発症する可能性が高いので、花粉症になるリスクを軽減することは重要です。花粉症の発症しやすい条件についてまとめました。
健康

花粉症の症状を軽減する方法

花粉症を患う友人が「春の雨なんて最悪」と嘆いていました。 雨で濡れた後に晴れると、その暖かさで花粉が一斉に飛ぶからです。 花粉の飛散量が増えると花粉症の症状もひどくなってしまいます。 今回は少しでも花粉症の症状を軽減させる方法をまとめました。
健康

ローズマリーの薬理効果(抗ウイルス作用が注目)

ローズマリーの主成分であるロスマリン酸には風邪や感染症を防ぎ、花粉症等のアレルギー症状を和らげる効果があります。
健康

花粉症患者の1割が発症、口腔アレルギー症候群

花粉症で、特定の果物や野菜を食べると口や喉がかゆくなる人は花粉症と併せて口腔アレルギーの可能性があります。
●健康管理

咳や鼻水、寒暖差アレルギーを改善する

5℃以上の温度差が原因で咳や鼻水が出ることを「寒暖差アレルギー」と言います(広義でアレルギー)。
健康

花粉症の人が桃を食べると喉がかゆくなる?

「花粉症で桃もアレルギー」という人がいます。一見関係なさそうな2つですが、目に見えないレベルで似ているんです。
広告
タイトルとURLをコピーしました