広告

保温弁当箱で安全なランチを楽しむ方法は?

●料理とお酒
●料理とお酒
この記事は約3分で読めます。

 「昼食(弁当)のときに温かい味噌汁が飲みたい」という旦那の希望に合わせてスープジャーを買ってから半年。

 バッグの重さは増したものの『温かいもの』が食べられることは何物にも代えがたいということで、このたびステンレス製のランチジャーを買いました(電子レンジを使いたくないから、旦那は保温性の高いものを希望)。

 ステンレス製ランチジャーはまほう瓶と同じ構造のため長時間温かい状態を維持……という売り文句を聞いて気になったのは「下手にぬるい状態温度を維持したら雑菌が大量に繁殖して腐るのでは?」ということ。

 保温性弁当箱を使った、温かいランチを安全に楽しむ方法をまとめました。

弁当を作るときの注意点

 弁当を作るときの鉄則は次の通りで、全て殺菌の増殖を防ぐための技術です。雑菌が繁殖すると食品が傷んでしまいます。

  • 弁当箱のご飯やおかずはしっかり冷ましてから入れる。
  • 生ものは入れない(必ず火を通す)。
  • 前の晩のおかずはもう一度火を通す。
  • 少し濃い目の味付けにする(酢・砂糖・塩・醤油・梅が良い)。
  • 梅干しを入れる。
  • おにぎりは竹の皮につつむ。

 食材につく雑菌の量を減らすためには、料理をする前には必ず手を洗い、一品一品作るごとにまな板を洗うことも大事です。

保温弁当箱は熱々の状態で詰める

 雑菌が繁殖しやすい温度は20℃~40℃といわれているため、冷たくして食べるときにレンジで温めるタイプでない金属製の保温弁当箱(ステンレスランチジャー)の場合は熱々の状態で詰めます。金属製の保温弁当箱はまほう瓶と同じ構造のため外気温の影響を受けにくく、熱い状態の料理を入れた場合は冬でも60℃以上を6時間維持できる仕様になっているものが多いようです。

 金属製の保温弁当箱(ステンレスランチジャー)は20~40℃の中途半端に冷めた料理をつめるのが最も危険です。また、中身が少ないと冷めやすいので容器一杯まで入れると良いそうです。

保温弁当箱はしっかり洗浄する

 保温弁当箱の中の料理が腐るのは、弁当箱の衛生環境が悪いこともあるそうです(特に、パッキンの汚れが雑菌の温床になっていることが多い)。

 普段は食器用中性洗剤で洗うのでも十分ですが、定期的にアルコールや塩素系漂白剤で消毒(殺菌)すると良いです。浸け置きタイプや泡スプレータイプは細かいところまで殺菌できるのが良いです。

保温弁当箱の保管方法(食べるまで)

  • 直射日光を避けて暗所に置く
  • 6時間以内に食べる

 車内に置いておくしかない場合、夏場は日の当たらないところに置いて少し窓を開けておきます。

 常に車内に置いておくことになる場合、適当な大きさのクーラーボックスを用意して凍らせたペットボトルを保冷剤代わりにして置いてくと効率が良いです。

保温力重視は「サーモス」か「象印」

 電子レンジなど温める手段がない環境で弁当を食べる場合、やはり欲しいのが保温力です。

 できるだけ長く保温できるものを選びたい人は国内魔法瓶メーカーのもの、特に「サーモス」と「象印」がおすすめです。さらに保温バッグに収納することで保温力が高まります。

サーモス ステンレスランチジャー 約0.6合 ネイビー JBC-801 NVY(1コ入)【サーモス(THERMOS)】

価格:3,140円
(2022/11/22 19:54時点)
感想(107件)

象印 ZOJIRUSHI ステンレスランチジャー お・べ・ん・と ごはん0.59L/おかず0.4L SL-GH18-BA ブラック SLGH18

価格:2,822円
(2022/11/22 19:55時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました