広告

軽自動車税(2022年4月時点の情報)

資産運用
資産運用車とバイク
この記事は約5分で読めます。

軽自動車税は種別で税金が異なります。

毎年4月1日時点の所有者等に課せられる税金で、年税なので4月2日以降に車両を取得・廃車等しても月割り課税や還付はありません

※新車購入時の下取で支払った税金が月割で返金されることがありますが、これはディーラーなどが負担しただけで市区町村が還付したわけではありません。

令和4年度(2022年度)の「軽自動車税種別割」について。

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

原動機付自転車・二輪車など

バイクは「排気量」や「規格」で軽自動車税が変わります。

125㏄以下のバイクは正式には「原動機付自転車」で、125㏄超250㏄以下のバイクは「二輪の軽自動車」、250㏄超のバイクは「二輪の小型自動車」と種別されます。

天の声
天の声

原動機付自転車(原付バイク)

排気量、用途などの区分年税額
50㏄以下 、 0.6kw以下2,000円
50㏄超90㏄以下 、 0.6kw超0.8kw以下2,000円
90㏄超125㏄以下 、 0.8kw超2,400円
ミニカー3,700円

二輪の軽自動車・小型自動車・小型特殊自動車

排気量、用途などの区分年税額
【二輪の軽自動車】125㏄超250㏄以下 、 ボートトレーラーなど3,600円
【二輪の小型自動車】250㏄超6,000円
【小型特殊自動車】農耕作業用2,400円
【小型特殊自動車】その他(フォークリフト等)5,900円

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

三輪・四輪の軽自動車

三輪および四輪の軽自動車の税率は、

 ・旧税率
 ・現行税率
 ・重課税率

この3種類あり、どの税率が適用されるかは「初年度検査年月」で変わります。

天の声
天の声
わたし
わたし

初年度検査年月?

車検証の「初年度検査年月」に書かれている年月で、その車両が初めて車両番号の指定を受けた年月を指します。

天の声
天の声
わたし
わたし

重課税率って?なんで税率が重く(税金が高く)なるの?

その車両が初めて車両番号の指定を受けた年月、つまり初年度検査年月から13年が経過した車両に課せられる上乗せされた税金です(一部対象外)。

排出ガス性能や燃費が相対的に低くなると考えられているため、税率が重くなっています。

天の声
天の声

三輪の軽自動車

初年度検査年月
H21年4月~H27年3月
(旧税率)
初年度検査年月
H27年4月以降
(現行税率)
初年度検査年月
H21年3月以前
(重課税率)
3,100円3,900円4,600円

四輪の軽自動車

車種区分初年度検査年月
H21年4月~H27年3月
(旧税率)
初年度検査年月
H27年4月以降
(現行税率)
初年度検査年月
H21年3月以前
(重課税率)
乗用・自家用7,200円10,800円12,900円
乗用・営業用5,500円6,900円8,200円
貨物・自家用4,000円5,000円6,000円
貨物・営業用3,000円3,800円4,500円
わたし
わたし

13年経つと軽自動車税が2100円加算されるのか(乗用、自家用車の場合)。

排気ガスなどの環境性能もわかるけど、古いものを大事に乗り続けるのも資源のムダをなくす大事な取り組みじゃないのかって個人的には思うけど。

PayPayで納税した場合の「納税証明書」

軽自動車の場合、車検(継続検査)のときに納税証明書が必要です。

納付書払いの人は、納税通知書に付いていて納税後戻される「軽自動車税種別納税証明書(継続検査用)」を利用します。

口座振替やスマートフォン決済の場合、納税通知書(継続検査用)が郵送されてきます。

多くの市区町村が、5月末日(納期限日)までに納付を済ませた人に対して6月中旬以降に発送する予定のようです。

期日を過ぎた場合や、納付後3週間以内に納税通知書が必要な人は、「納付を確認できるもの」を持参して、役所の担当窓口で請求するが必要あります。

[su_label]ー この記事はここで終わりです -[/su_label]

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

[su_label type=”info”]ブログをメールで購読[/su_label]

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

98人の購読者に加わりましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました