ニュース
「PayPayは手数料2%かかります」って、PayPayの決済システム手数料は消費者負担ということ?

「PayPayは手数料2%かかります」って、PayPayの決済システム手数料は消費者負担ということ?

2021年10月1日からPayPay社は一部を除く加盟店に対して、PayPay決済時の決済システム手数料を徴収することにしました。

年商10億円超の加盟店以外は、1回の決済に対して1.6%もしくは1.98%の決済システム手数料が発生(月額1980円のライトプラン加盟店は1.6%、それ以外が1.98%)。

その影響で地元の店舗がいくつかPayPay決済をやめました…が、今回「PayPayでの支払いは2%上乗せ」という店にあたってしまいました。

還元率より高いので現金払いをしましたが…なんか「ズルいなぁ」と思ってしまいました。

スポンサードリンク

PayPayが今月から手数料を取り始めた背景には、これまでの先行投資による赤字を回収し、本格的に収益化していく狙いがあります(数年後には単年黒字化を目指しているとか)。

PayPayの先行投資は初期費用・決済手数料・入金費用を無料にすること。

その成果でPayPay社は316万店舗以上の加盟店を獲得。

それと同時にPayPayはユーザー数を増やし、「PayPay払いは得をする」と実感できるキャンペーンを展開して2021年5月末時点のユーザー数は3900万人以上でした。

ユーザー数はそのまま加盟店の脱退を抑える効果に繋がります。

なにしろPayPay加盟店はユーザーに対して店舗独自に配信・発行できる「PayPayマイストア」や「PayPayクーポン」といったサービスを提供。

つまりPayPayは加盟店にとって「決済手数料がかかってもいいと思えるくらい集客力のメリットが大きい」ツール。

そこで気になる、今回の「決済手数料は消費者に負担してもらう」手法。

あまりに…おいしいとこ盗りでは?

「PayPay払いできる」とPRして客を集めておきながら、その宣伝費を消費者に負担してもらっている…つまり事実上の値上げなんですよ。

値上げと言わず値上げしているのがズルい!!

こんなお店が増えないように祈るばかり。

こんなお店が増えてしまったら、事前に「PayPay払いは手数料がかかるりますか?」とお店に確認しないといけなくなるんです。

 END

スポンサードリンク この記事を読んだ人におすすめコンテンツ スポンサードリンク 人気タグ

DIY GoogleAdSense PayPay SOHO WordPress アクアリウム アレルギー グッピー グランドカバー ダイエット トイレトレーニング バラ ファッション ブログ マナー リサイクル 予防接種 個人事業主 個人年金(企業DC/iDeCo) 健康診断(検診) 動物の世話(ペットのこと) 埼玉県 妊娠 家作り 家庭菜園 小学校 小学校入学準備 年末調整 幼稚園 庭の管理 感染症 掃除 整理整頓 新型コロナウイルス 日本酒 格安スマホ 植物の病気や害虫 洗濯 熱中症対策 節約 美容・ファッション 群馬県 防犯・防災 防虫対策 除菌・抗菌

スポンサードリンク

Tags :

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください