北朝鮮ミサイルの危険度を測る排他的経済水域は日本の陸地から何キロ?

「北朝鮮がミサイル2発を日本海に向けて発射した」と日本政府が2021年3月25日に発表しました。

発射したミサイルは約450キロ飛行して日本の排他的経済水域(EEZ)の外に落下したとのこと。

参考:北朝鮮が弾道ミサイル2発発射 450キロ、日本EEZ外に落下 (msn.com)

防衛大臣は記者会見で今回発射したミサイルは新型の弾道ミサイルで、通常の弾道ミサイルよりも低空を飛んで着弾前に再上昇するといった変則的な軌道を描く可能性があるため現行の防衛システムでは迎撃が難しいと言われています。

参考:岸防衛相「発射されたことない新型の弾道ミサイル」 (msn.com)

このミサイルが日本に飛んでくる可能性は?

北朝鮮のミサイルの危険性の目安のひとつとなっているのが『排他的経済水域』の内に落ちたか、外に落ちたか。

排他的経済水域は日本の陸地からどのくらい離れている場所?

排他的経済水域と領海の違いは?

調べてみると…

スポンサードリンク

排他的経済水域は沿岸の基線から200海里(約370キロメートル)以内の水域です。

領海は沿岸の基線から12海里(約22キロメートル)です。

排他的経済水域は沿岸国に次のような権利がある区域です。

 排他的経済水域における沿岸国の権利(一部)

  ・天然資源(生物・非生物資源)の探査
  ・開発等の主権的権利
  ・建築物等の設置・利用 ・海洋の科学的調査
  ・海洋環境の保護及び保全に関する管轄権

国家の領域とされる領海と違って公海なのでどこの飛行機や船が通っても罪にはなりません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください