友だちの子どもの小学校の入学祝いは1,000~3,000円が相場

知人から「(上の子に)小学校の入学祝いを贈りたいけど何がいい?」という連絡をもらいました。

ありがたいことですが難しいリクエスト!

  小学校の入学祝いの相場は?

  みんなは何をもらっているの?

親戚が近くにいないママは身近に参考がいなくて悩みます。

来年は甥っ子が小学校入学予定なので、贈る側と贈られる側の両方から『小学校の入学祝い』として人気のあるものを紹介します。

スポンサードリンク

小学校の入学祝いはいつまでに贈る?

小学校の入学祝いは入学式の2~3週間前までに渡すのがマナーとなっているようです。遅くなっても1週間前には贈ると良いです。

入学式は4月上旬なので3月中旬に贈るのが目安になります。

小学校の入学祝いの相場は?

小学校の入学祝いの平均予算は3,000~5,000円程度と言われています。

 ※平均予算はギフトモールの売り上げデータやWebアンケートの結果から算出

 ※「ギフトモール」は月間100万人が閲覧するプレゼント専門サイト

但し、相手との関係性によって大きく変わります。

相手が甥姪の場合は5,000~10,000円ほど、知人・友人の子どもの場合は1,000~2,000円が相場となっています。

 ※祖父母から孫への場合はバラツキが大きいので今回は端折ります。

小学校の入学祝い【人気TOP5】

小学校の入学祝いは子ども本人はもちろん、その両親も喜べるものが良いと言われているようです。

その結果、小学校の入学祝いとして人気なものは次のように実用的なものが多いようです。

 1位 鉛筆
 2位 ハンカチ
 3位 マグボトル

ちなみに4位は目覚まし時計、5位は箸と言う結果でした。

鉛筆

鉛筆は小学校に入る子どもへ贈る入学祝いの定番ギフトで、価格的にも相手に気を遣わせずに贈ることができるアイテムです。

小学生にとって鉛筆は何本あっても困りません。

小学校で使う鉛筆には名前の記載が必須なので、名入れ鉛筆もおすすめです。そのこのために選んだという特別感もあります。

小学校によってはキャラクターものはNGとしていることが多いので、シンプルなデザインのものが良いです。

【注意】埼玉県内の小学校は4Bの指定が多い

小学生が使う鉛筆の芯は柔らかい方が良いということでBや2Bが全国的に推奨されていますが、埼玉県内の小学校では4Bの鉛筆が広く使用されています(我が子の通う小学校も4B指定)。

硬筆に力を入れている影響のようです。

Amazon.co.jp(アマゾン)で検索すると「筆鉛筆 10B 埼玉限定 硬筆用」という商品があるほどです。

ハンカチ(タオルハンカチ)

ハンカチは毎日使う消耗品なのでたくさんあっても困らず、贈り物らしく手触りが柔らかい高品質なものや名入れのものが人気あります。

子どもの服についているポケットは小さいので、15~20cmぐらいのサイズが四つ折りで入れやすいです(使用頻度と吸水性を考えてるとひと回り大きくても良い)。

正方形を半分に切ったハーフサイズのハンカチも人気があります。

鉛筆同様に名入れにすると特別感がでます(刺繍されていることが多いので尚更)。

刺繍名入れハンカチ(タオルハンカチ)の場合は2,000円前後が多く、今治タオルのように手触りに定評がある品質の高いタオルの場合は5,000円前後が相場になっています。

マグボトル(水筒)

熱中症対策にこまめな水分補給が必要なため、水筒やマグボトルが小学校の入学祝いとして人気が出てきています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください