乗っていない車やバイクの税金(自動車税・軽自動車税)を節約する方法

バイクや自動車でも毎年4月1日時点で所有しているとその年の自動車税または軽自動車税がかかります。

よく『自動車(バイク)の廃車手続きは3月31日まで(土日祝の場合は前日)』と言われる理由がコレです。

その車両に乗る人がいなくても、

その車両が壊れていても、

盗まれて車両そのものが手元になくても、

”一定の手続き”をしていない場合は税金を支払う義務があります。

今回は使っていない車両の自動車税・軽自動車税の課税を防ぐ(税止め)の方法を紹介します。

スポンサードリンク

廃車にして自動車税の課税を防ぐ(税止め)

自動車税・軽自動車税の課税を防ぐには車両を『廃車』にする必要があります。

”廃車”というと車を解体するイメージがありますが、この場合は”廃車”は「車両の所有者でなくなる」というイメージで、この廃車には次の3つのいずれかの手続きが必要です。

  ・一時抹消登録

  ・永久抹消登録

  ・申し立て

ちなみに、自動車税は廃車手続き完了後に月割りで還付されます(軽自動車税の還付はない)。

一時抹消登録とは

車両の使用を一時的に中止するための手続きで、一時抹消登録されると『一時的に廃車の状態』とみなされその期間中の自動車税・軽自動車税は免除されます。

再びその車両を使用したい場合は『中古車新規登録』をすれば公道を走れるようになります。

自動車の所有者が海外に赴任する、長期入院するなどの場合におすすめの手続きです。

永久抹消登録とは

車両の所有権をなくすための手続きで、永久抹消登録をするとその車両の所有者ではなくなり、その車両の税金を支払う義務がなくなります。

また、永久抹消登録の手続きをするときに車検が1ヶ月以上残っていれば自動車税は月割り計算で戻ってきます(軽自動車税は還付されない)。

ディーラー等での『下取り』や、買い取り業者による『買い取り』も永久抹消登録となります。

申し立てとは

盗難等の被害にあって車両自体が手元にない場合には、申し立ての手続きをすることで自動車税の課税が保留されます。

申し立てが受理されれば盗難被害に遭った翌月から自動車税の課税が保留されます(盗難被害に遭った月までの自動車税を完納していることが必要)。

但し、警察への盗難届の提出が必要です。

申し立ての手続きをする『申立書』には警察署名・届出年月日・受理番号の記載欄があります。

盗難等の犯罪ではなく、津波や土砂崩れなどの自然災害により車がなくなった場合は罹災証明書で廃車手続きができます。

罹災証明書の申請先は災害が発生した自治体になります。

車検切れの車両でも自動車税は課税される

車検が切れた車両は「乗れない車」となりますが、廃車手続きをしていない限り自動車税・軽自動車税は課税されます。

納税しないと『車検が受けられない』上に『延滞金が発生』してしまいます。

車検のときは最新の納税証明書が必要

車検のときには最新の納税証明書が必要です。

自動車税・軽自動車税の納税期限である5月31日より後の車検か前の車検かで必要な納税証明書の年度が異なります。

納税証明書は納税通知書の半券のことです(銀行やコンビニなどで支払った後に帰ってくる小さな紙)。

例えば車検の有効期限が2021年4月20日で、ある理由で車検を2021年6月20日に受けた場合、車検時に提出する納税証明書は2021年度分(令和3年度分)になります。

”ある理由”には例えば新型コロナ感染症の感染拡大防止策で車検の有効期限の延長などがあります。

実際に2020年4月に車検が切れる予定だった我が家のN-BOXは有効期限の延長されて6月に車検。この時には2020年度分(令和2年度分)の納税証明書が必要でした。

乗らない車両の処分に悩んだら専門家に相談

乗らない車両の処分に悩んだらディーラーや買い取り業者などのプロの専門家に相談するのがおすすめです(海外赴任や長期入院などの一時抹消登録の場合を除く)。

特に、ディーラーで廃車手続きの相談をすると廃車や税止め手続きと併せて発生する自動車税や自賠責保険料の還付金などの請求方法を教えてもらえます。

相談する前に自分で買取価格の情報収集

ディーラーに相談した場合は新車や中古車の営業をされる心構えは必要です。

さらに次の車の販売を目的として「特別に〇〇円で下取り」ということがあります。その言葉のウラを取るために、事前にネット等で簡易査定を受けて目安とする買い取り価格を知っておいたほうが安心です。

個人的には楽天オート の査定サービスがおすすめです。

ネットの査定サービスは後日DM攻撃や電話攻撃が来るのが多く、楽天オートも同様ですが電話での営業は少ないため気楽です。

楽天の愛車一括査定!もれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

対面で査定を受けたいという人に人気な買い取り業者はガリバーです。

中古で買った車を買い取ってもらいたくて利用する人が多いようです(古くてたくさん走っている車)。

しかし、いまのガリバーは新車の販売もするほど車の販売に力が入っているので来店前に情報は集めておいた方が良いです。

ガリバー来店時に所有者や車の情報などがガリバー側に知られてしまうので、事前にオンラインで査定を受けていても煩わしさは同じです。

中古車買取なら、ガリバー【無料査定】

壊れて解体が余儀ない車両の場合は買い取り業者に相談

ディーラーや中古車販売店での買い取りは「走れる車両」であることが原則で、壊れて走れなくなった車の場合は解体となります。

ディーラーや中古車販売店での買い取りが難しい場合は買取業者を検討してみるのもおすすめです。

買い取り業者ではパーツの再利用や素材のリサイクルなどもできるため、ただ解体するよりプラスになる場合があります。

特にトヨタ車はひとつのエンジン形式を長く使うメーカーで、その部品は長く活用されるためパーツが再利用されやすい傾向にあるようです。

参考:なぜトヨタはコロナ禍で一人勝ち? 国内シェア50%達成のトヨタブランドの強みとは (msn.com)

125㏄以下の原付バイクを”処分”する方法は?費用は? | 『 』 (xn--k9jc5i.com)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください