チョウレンジハバチの幼虫にバラの葉を食い荒らされる!お腹がハデなオレンジ色の黒い虫がバラの周りにいたら要注意!

我が家のバラの葉が【チョウレンジハバチ】の幼虫たちに食われ、ほとんどが茎と枝と葉脈だけになってしまいました。

チョウレンジハバチはお腹が鮮やかなオレンジ色の虫。人差し指の先端ほどの大きさの黒い虫、“ハチ”といっても蜂には見えない虫です。

チョウレンジハバチはバラに卵を産み、孵った幼虫がバラの葉をモシャモシャと食べます。親子二代でバラを食い荒らします。

バラには蜜も花粉もないので他の蜂はバラに見向きもしないのですが、バラはその逞しい生命力で次々と葉(エサ)を茂らせるのでチョウレンジハバチにとって格好の宿り木となるのです。

【バラの茎が縦にパックリ避けているところはチョウレンジハバチが産卵したところ】です。茎がめくれていたら卵は孵化したあと、幼虫たちがそこかしこで葉を食べまくっているはずです。

葉脈だけが残っている葉をたどっていくと

こんな感じに葉に幼虫がたかっています。

【チョウレンジハバチとその幼虫の発生は4月~11月】です。サナギになって土の中で越冬し、春になると成虫となって卵を産み付けます。

チョウレンジハバチの駆除で一番有効手段は【捕殺】です。

成虫の捕殺は茎で産卵中がおすすめ。チョウレンジハバチには針がないので刺されることはありません。チョウレンジハバチはおしりの産卵管を茎に刺して産卵します。結構深く刺しているので軽く引っ張っても取れない、でも強く引っ張ると胴体で千切れることが……成虫は覚悟して捕殺しましょう。

産卵のあと(茎に縦に入った切れ込み)を見つけたら、爪楊枝を切り込みに入れて卵をすり潰すようにして駆除します。

幼虫は数が多いので、たかった葉ごと取り除いた方がよいです。幼虫は葉にがっしりつかまっているので、切り取った葉を振っても幼虫がポロポロ落ちることはありません。幼虫がついた葉はビニール袋に入れてしっかり口をしめます

    ↑
幼虫を殺すならば洗剤を溶かした水に葉ごと漬けておくとよい

虫は、ゴキブリでさえ、洗剤で殺すことができます。

虫には体の表面は油脂でおおわれていて、それを洗剤で溶かしてしまうと気孔(空気穴)がふさがってしまい死んでしまいます(=窒息死)。

●この記事を読んだ人におすすめ●

スポンサードリンク Amazon.co.jp(アマゾン)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください