暑くなる前に庭の蚊対策!水がたまるものは撤去、下草の丈は短く、庭木は剪定してスッキリと。

無料写真素材なら【写真AC】

先日庭で次女と遊んでいたら、10分ほどの短い時間に次女は腕と脚を蚊にさされてしまいました。幼児なため未だ抗体が少ないのか、2~3日経っても蚊に刺された痕は赤くて痛々しいです。

未だ大丈夫と庭の蚊対策を怠ってしまいました。


炎症を抑えるためにステロイド剤が配合(ムヒSは抗ヒスタミンなのでステロイド剤は不使用)

蚊が最も活動的になる気温は25~30℃。平年では5月下旬から蚊の活動が活発になります。庭の整備は本格的に蚊が活動するようになる前にやっておくことが大切です。

ちなみに、蚊の被害をす蚊の発生時期は庭の整備(見回り)は蚊の発生時期から寒くなるまで続けます。蚊といえば暑い夏に発生するイメージがありますが、繁殖(産卵)が主になる秋の蚊は栄養を求めているので思い切り血を吸うので強く痒くなる傾向があります。

庭の見回りは次のような『蚊が好む場所』を特に気を付けます。

  • 鉢の受け皿や遊具など水の溜まったところ
  • 下草が伸びて湿度が高いところ

蚊は水のあるところに卵を産みます。メスの蚊は一生のうちに4~5回産卵、しかも1回の産卵で300個ほどの卵を産みます。

蚊の卵が孵化するのは産卵から2~3日後(ボウフラは1週間ほどで成虫になる)。蚊の卵は乾燥するとダメになるので、毎日庭をチェックして溜まっていた水は捨てます。

溜まった水が捨てられない場所は

  • 10円玉や銅板を水に入れておく
  • 殺虫剤を使う

※ 水生生物に影響がある場所ではダメ

ボウフラにとって銅イオンは成長を邪魔する毒です。身近で銅イオンを発生させるものは10円玉。しかし水1リットルに対して10円玉が20枚ほど必要で、硬貨も錆びてしまうため、池に入れるならばホームセンター等で銅板や銅線を購入した方が良いです。

ボウフラに有効な殺虫剤として、安全性を考えて安心して利用できる殺虫剤は「スミチオン(乳剤)」です。


発生場所の水量1m³につき本剤の20mL(有効成分2ppm)を適宜水で希釈して散布

蚊は湿度60~80%の湿った環境を好むため、下草は適度に刈って、庭木は適度に剪定して庭の風通しを良くしておきます。

下草や茂った庭木は蚊の隠れ家になります。

蚊は飛ぶのが下手なので、基本的に飛ばずに何かにつかまって止まっている傾向があります。「卑怯だろ」でお馴染みの待ち伏せ型蚊駆除剤はこの性質を利用しています。湿度の高い下草や庭木は蚊が好む休憩所なのです。


一度使うとやみつき!我が家も3年連続で購入しています。

https://xn--k9jc5i.com/private/gardening/prevent-ka2019/
https://xn--k9jc5i.com/housekeeping/kenko/ka-taisaku-mizu/
https://xn--k9jc5i.com/housekeeping/kenko/akinoka/
スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください