十五夜と中秋の名月の違い。月が時の尺度になる太陰暦と古代人と月の関係(月信仰)

5歳の子どもの手のひらサイズ(1個80円)の団子を10個使ったダンゴピラミッド
※十五夜なので団子15個を使ったダンゴピラミッドが最もポピュラー

2019年の十五夜は2019年9月13日(金)でした。子どもの感受性を養うために季節感を大事にしたいと思い(「イベント好き」の傾向あり)、先日の十五夜ではお団子を買ってきました。

但し、買ってきた「だけ」。

曇天で月が見えないのを言い訳に10個積んだピラミッド型の団子を子どもたちに見せて、数分後には甘く煮つけ始めました。「砂糖:醤油:みりん=1:1:1」を水に混ぜて煮込んだ団子は長女のお気に入りです。

大人は十五夜需要に乗っかって販売された饅頭(つぶあん)で月見酒
スポンサードリンク

十五夜は新月の夜から数えて15番目の夜

秋の満月を見て「今日は十五夜」と言いますが、実は十五夜は毎月あります。

十五夜は旧暦での表現です。「旧暦」といわれる太陰暦は月の満ち欠けを基準にし、1日は新月、そして15日(十五夜)が満月です。いまの暦は太陽が基準(太陽暦)なので、毎月15日が必ず満月とは限らず、さらに満月の夜が月に2回あることもあります。

十五夜の中でも旧暦の8月15日の十五夜は特別。平安時代の農民は月の満ち欠けを基準に農作業をして、収穫時期と重なる秋の十五夜では収穫の感謝の気持ちを込めて月にお供えをしたりお祭りを催したりしました。この風習が現代でも残り、秋の十五夜では団子やススキを備えたりしています。

旧暦8月15日の満月は「中秋の名月」とも言われる

旧暦8月15日の満月は「中秋の名月」とも言われます。この時期は空気がとても澄んでいて月がとてもキレイに見えます。旧暦では7月~9月を秋と言い、その真ん中(中秋)に見えるキレイな月ということで「中秋の名月」です。

平安時代ではこの月の美しさを愛で、歌を歌って過ごしたりしたようです。「金陵」で有名な香川県の酒蔵が作る「月中天」にはうさぎラベルがあり、十五夜に月見酒も優雅です。

Amazon|純米無濾過生原酒「月中天」四合瓶(720ml) 香川県の酒蔵(「金陵」が有名)で作られた生原酒※冷蔵庫で保存

満ち欠けする月は時を数える尺度だった

現代では地球は地球の周りを一定の速度で回っている分かっており、時を数える尺度として多くの国が太陽を基準にした太陽暦を採用しています。しかし天体望遠鏡とかなかった時代、いつも丸い太陽とは違って月には満ち欠けがあったため時を数える尺度は月でした。

そして時を刻む月は死や復活(新たな命の誕生・再生)、女性の生理、生殖などと結び付けられたため、月を崇める習俗(月信仰)や神話が生まれました。十五夜の月見のような行事は月信仰の1つです。 「縄文人は月を人間の命を宿すものとして信仰していた」という説もあります。

伊勢神宮の2つある正宮のうちの1つ皇大神宮(内宮)の別宮・月讀宮(つきよみのみや)や、もう1つの正宮である豊受大神宮(外宮)の別宮・月夜見宮には月を神格化した神様、日本の三貴神の1柱であるツクヨミ(月読命・月読尊)が祀られています。

太陰暦(旧暦)の1年は354~384日だった

昔の人にとって月の満ち欠けは定期的と思われていましたが、太陽暦に比べると曖昧だったので旧暦の1年は354~384日と幅があります(近似的には360日)。

「年齢サバ読んでる」と思い、平安時代に活躍した2大女性の清少納言や紫式部が新暦の年齢にすると没年齢がいくつだったのか気になって調べましたが

  • 清少納言(966年頃~1025年頃)
  • 紫式部(生没年不明)

「頃」に「不明」…分かりませんでした。

よく考えれば昔は「年齢」というより「日付」の意識が希薄。年齢の数え方もざっくり、生まれた年が1歳、そして元旦になると全員+1歳という「数え年」を採用していました。「生まれた日=誕生日」という概念は明治時代から、明治35年(1902年)に「年齢計算ニ関スル法律」が施行され満年齢が導入されました。

 ↑
法律ができても一般への浸透はまだまだ。昭和25年(1950年)に改めて「年齢のとなえ方に関する法律」が施行されています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください