子どもでも加害者になる!自転車×小学生の事故を目撃して自転車保険の重要性を痛感

娘を幼稚園に迎えにいったとき、丁度下校中で横断歩道を渡っていた小学生(1年生)たちに大学生が運転する自転車が突っ込みました。3人ほど自転車と衝突しましたが、ヘルメットをしていたこともあり幸いすり傷程度のケガですみました。

その一部始終を目撃してしまった私。自転車は道路を渡るのをサポートする大人の人の制止も間に合わないほどのスピードでした。事故に遭った子どもたちは唖然としていましたが、幼稚園からかけつけた先生たちが総出で事故の対処にあたりました。自転車でも車両事故ということで警察の出番です。

警察が登場する事態に自転車を運転していた男性は真っ青。その後彼にどんな処分が下ったのかは不明ですが、自転車事故は誰でも、子どもでも加害者になり得る場面に直面して自転車保険に加入する大切さを実感しました。

スポンサードリンク

埼玉県内は自転車保険への加入が義務

子どもが起こした自転車事故でも賠償金が高額になる事例が相次いでいます。そのため一部自治体では自転車保険への加入を義務化しており、埼玉県も全地域加入を義務化しています。

【自転車保険】とは「自転車運転中に自分がケガをする」「自転車を運転中に他人にケガをさせる」などをして損害を受けた・与えた事故のリスクをカバーする保険です。「自転車運転中」というのが特徴の保険で、自転車運転中に負った自分のケガは傷害保険で補償、他人にケガを指せてしまった場合は個人賠償責任保険で補償します。

自動車保険に特約で同等の保障を付帯させる、自転車事故をカバーできる傷害保険に加入するという方法もあります。その場合は自転車運転中の補償ができるかどうかの確認を必ずします。

https://xn--k9jc5i.com/money-control/insurance-bicycle/

自転車保険を選ぶときの5つのポイント

  • 個人賠償補償金が1億円以上
  • 示談代行サービスがある
  • 補償対象(家族も有効か)
  • 傷害補償(通院も対象内か)
  • 自転車ロードサービスがあるか

賠償保証金を1億円に設定するのは、過去に賠償金が9千万円以上だった事例がいくつかあるからです。当事者同士の交渉はトラブルになるので、プロの示談代行サービスを付けておいたほうが安心です(自動車との事故になれば交渉相手は自動車保険の担当者となります)。

補償対象や補償内容は家族構成やライフプラン等によって要・不要が変わります(あくまでも参考)。あまりに補償を厚くしすぎると、支払う保険料が高額になるので注意しましょう。

事故の責任賠償は「え?そこまでこっちの責任?」というところまで至ることが多々あります。逆に事故に遭った場合は「細かいことは言いたくないけれど」と気後れせずに片っ端から請求することが可能です(いずれも事故によるケガとの関係性を証明する書類が必要)。

14歳以上の自転車運転者は全員取り締まりの対象

急増する自転車事故に対応するために2015年6月1日から全国で「自転車運転者講習制度」が始まりました。自転車の道路交通法の改定に伴う罰則の強化です。

14歳以上の自転車運転者は全て、次のような危険行為をして3年以内に2回摘発された場合は安全講習を受講しなければいけません。安全講習は公安委員会(警察)の命令をうけてから3ヶ月以内の指定期間内に受講する義務があります。

・信号無視
・通行禁止違反
・歩行者用道路徐行違反
・通行区分違反
・路側帯通行時の歩行者通行妨害
・遮断踏切立入り
・交差点安全進行義務違反
・交差点優先車妨害等
・環状交差点の安全進行義務違反
・指定場所一時不停止等
・歩道通行時の通行方法違反
・ブレーキ不良自転車運転
・酒酔い運転
・安全運転義務違反

全体的に周囲の人が「迷惑」「危ない」と感じたら摘発されることになります(安全運転義務違反があるため、摘発されたら14項目のいずれかにあてはめられる)。

命令に従わなかったら5万円以下の罰金ですが、安全講習も有料です。安全講習は3時間の講習で、受講手数料は5,700円です(2016年10月現在)。

https://xn--k9jc5i.com/news/law-bicyleover14/
スポンサードリンク