広告

ムーニー派の主張、オムツの尻は丸い方が好き

おむつをつけた赤ちゃんの絵 子ども
子ども
この記事は約3分で読めます。
おむつをつけた赤ちゃんの絵

12月下旬に産まれた下の子の体重が4キロになり、手足をバタバタと運動量も増えてきました。

枕から抜け出ているときもあり、体の脇にロール状にしたバスタオルをおいて「うっかり寝返り」をガードしています(月齢的にはまだ無理ですが)。

子ども成長は早く、腸や膀胱が発達しておしっこやうんちを溜められるようになり、オムツの交換頻度がやや減ってきました。

そのオムツですが、私は「赤ちゃんの魅力はお尻」と思っているので、お尻の丸く見せるよう工夫されたムーニーを使っています。

今回はパンパースとムーニーを比較してみた個人的な意見をまとめました。

子どもの体格や体質は個人差があるため、あくまでも個人的な意見です。

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

新生児はパンパース利用が多い

生後1ヶ月以内の新生児がパンパースを利用していることが多いのは、パンパースを使用している産婦人科が多いからです。

メーカーも産院にたくさん提供しているようです。

  ・最初に使ったオムツだから

  ・使い慣れたから

そのため、退院後もパンパースを継続して使うママが多いようです。

しかし、新生児用のオムツでもメーカーによってサイズや柔らかさが異なります。

ムーニーの方がやや大きいです。

しかし異なると言っても「多少」です。

結局「おむつでかぶれた」といったトラブルがない限り、基本的にサイズ以外でオムツの種類を変える人は少ないです。

私も上の子はMサイズまでパンパースを使用していました(変えた理由:ムーニーの方がお尻の丸みが強調できるから)。

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

パンパースよりムーニーの方がやや安い

Amazonで販売している新生児向けオムツの、パンパースとムーニーの価格を比較しました(2018年1月時点)。

パンパースは、スタンダードなもので1枚14円。

もうひとつの「はじめての肌へのいちばん」だと少し割高、1枚19円です。

ムーニーは、スタンダードなもので1枚13円、パンパースよりやや安いです。

もうひとつの「ナチュラルムーニー(無添加オーガニックコットン)は割高、1枚21円です。

価格差は1円/枚ですが、新生児はかなり頻繁にオムツを交換しまう。

うちの場合、上の子も下の子も、1週間で100枚以上使いました。

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

パンパースよりムーニーの方が柔らかい

上の子のとき、初めてパンパースからムーニーに切り替えたとき、最初に驚いたのが「柔らかさ」です。

柔らかいムーニーは拡げるとへたっと崩れ、足回りのギャザーもムーニーの方が大きくて柔らかい分しっかりフィットする感じがあります。

おしっこやうんちの、吸水力やキャッチ力はパンパースでもムーニーでも同じなようです。

まあどちらも「12時間の吸水力、保持力」とPRしていますが、出たら泣いて直ぐ交換、おむつのこの主張が役立ったことは2人目を育てていても未だありません。

[su_label]ー この記事はここで終わりです -[/su_label]

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

[su_label type=”info”]ブログをメールで購読[/su_label]

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

100人の購読者に加わりましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました