4人に1人が避難開始のタイミングを間違えている!逃げ遅れを防ぐために避難勧告が廃止(早くても2021年から)

  • 土砂災害警戒警報
  • 高潮(特別)警報
  • 氾濫危険情報

気象庁などから発表される情報が上のようになると【警戒レベル4】が発令されます。警戒レベル4が発令されると私たちは「速やかに避難」する必要がありますが、警戒レベル4発令時に自治体が出す避難情報には【避難勧告】【避難指示】の2種類あります。

避難勧告…非常に危険なので避難するように説きすすめること

避難指示…極めて危険なので避難を命じること

どっちもかなり危険なのですが、「勧告」と「指示」では私たちが受ける印象が変わってしまいます。

避難を促す情報の混乱を防ぎ、住民の逃げ遅れを防ぐために、政府は「避難勧告」を廃止して「避難指示」に一本化する方針を固めました。

避難勧告と指示の見直しは「災害対策基本法」が制定された1961年以来初※。「最近土砂災害や洪水が増えた」という人が増えていたのに、避難情報は60年近く同じままでした。

   ※政府は2021年の通常国会で災害対策基本法の改定案の提出を目指している

今回改定に踏み切ったのは、国が2019年に行った「台風19号で人的被害があった市町村の住民3000人を対象に行った調査」の結果が次のようだったから。

  • 避難勧告・避難指示の内容を両方正しく理解している … 17.7%
  • 避難を開始すべきタイミングは避難指示(本来は避難勧告) … 25.4%

但し、「避難指示」に一本化されるのは早くても2021年内。2020年の台風シーズンはこれからであり、それまでは避難勧告が使われます。

避難を開始するのは避難勧告が出た時点であることを忘れてはいけません。一見まだ余裕がありそうでも、自治体は避難にかかる時間を考慮して避難勧告を発表しています

一段階下の警戒レベル3が発令されたら避難準備を整え、高齢者など避難に時間がかかる住民は避難を開始する必要があります。

2020年は避難のときに新型コロナウイルス感染の予防が必要です。先日発生した令和2年7月豪雨で被害にあった人の中には感染を予防するため車中泊をしている人もいるようです。

車中泊では「温度管理」と「換気」が重要です。

夏はエアコンを効かせたまま寝たい気分ですが、車中泊ではエンジンをかけエアコンを作動させたまま睡眠をとる行為が一番危険です。エンジンをかけたまま長時間停車していると密閉された車内では一酸化炭素中毒が起きる可能性があります。


日光を遮ることで車内の温度の上昇を防ぐことができます(静電気で張り付くので吸盤タイプよりもポロリが少ない)


スライド式で簡単に日差しを防ぐことができます(楽天市場ランキング1位獲得)


就寝中にエアコンを使用するのは危険(一酸化炭素中毒の危険性)。網戸を装着して2か所窓を開けれられれ換気がよくなり温度を下げやすくなります。ステップワゴン用の他に、エクストレイル、セレナ、CX-5など様々な車種の網戸があります(アイズアールブイ・楽天市場店をチェック)

●この記事を読んだ人におすすめ●

スポンサードリンク Amazon.co.jp(アマゾン)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください