モルタル・コンクリート

DIY

水を混ぜるだけでモルタルが固まる『インスタントモルタル』

自転車やバイクを停めておく場所をモルタルで作りました(DIY)。ホームセンター「カインズ」では水を混ぜるだけで使える『インスタントモルタル』や『インスタントコンクリート』を売っています(25㎏で約500円)。今回はDIYの様子は少しで、コンクリートの歴史と、コンクリートやモルタルが硬くなる原理をまとめました。
DIY

インスタントモルタルを使ってブロックを敷く

モルタル×ブロックで物置前の地面を舗装しました。モルタルは水を加えれば使えるインスタントモルタル(カインズ)を使用し、20×20cmのブロックを並べました。滑らないように表面がギザギザに波打っているブロックを選びました。
DIY

インスタントコンクリート、庭に通路を作る

埼玉県は自転車保有率の最も高いです。埼玉県は“じてんしゃ王国”となるべく、安全・快適な交通網の整備などをして県民の健康増進をはかるようです。2017年2月にはさいたま新都心にあるさいたまスーパーアリーナで「埼玉サイクルエクスポ2017」が開...
DIY

ブロックを敷いて新しいポスト置き場を作成

以前作った塀の後ろに新しいポストの置き場所を作りました。植木鉢も置けるようにモルタルでしっかり固定しました。今回はポストの置き場別のメリット・デメリットと新しいポスト置き場を紹介します。
DIY

コンクリートの基礎知識

出張中の旦那のため、旦那の愛車バイクがきちんと駐輪場にあるか確認するのが子どもの仕事となっています。 1日2、3回確認して、夜Skypeで「MTあったよ」と自信満々の報告する姿はほっこりします。 客間の窓の外はDIYで作っ...
DIY

初心者でも上手にレンガが敷く方法

土剥き出しは良くないとレンガを並べていましたが、下の土が雨等で流れてがたついてきたためインスタントモルタルで固定することにしました。 レンガのパターンは「バスケットウェーブ」。 今回は狭い範囲なので土は適当に平らにしただけ...
DIY

「安全なブロック塀」を維持するセルフチェック

塀の安全確保は所有者の義務です。ブロック塀を作るときは、規準や規定に従って、安全なブロック塀を作らなくてはいけません。ブロック塀の設置やその他の修理などが不完全で、安全でないブロック塀が倒壊などにより他人に損害を与えたら損害賠償責任を負うことになってしまうそうです。
広告
タイトルとURLをコピーしました