広告

駐車場の目地、インスタントモルタルで装飾

DIY
DIY
この記事は約2分で読めます。

駐車場をコンクリートやモルタルで仕上げると、枠があった場所に窪み(目地)ができます。

この窪みをどうするか、うちは小さなブロック(ミニブリック)を並べてステッチのようにしました。

ミニブリックをインスタントモルタルで固定して、間を白い珪砂で埋めています。

駐車場のコンクリートは夫婦で話し合って、建築会社に紹介してもらった業者に依頼しました。

駐車場の場合、1台につき2.5メートル×2.5メートルのマスふたつが一般的です。

車3.5台分のスペースをモルタルで仕上げてもらって約45万円。

目地作りまでお願いすると高額になるので、目地は自分たちでやります。

目地の幅は約10cm、この幅の溝があると危険なので土を入れて植物を植えたり、ブロックで埋めるのが一般的です。

ミニブリックを固定するのに使ったのがインスタントモルタル。

インスタントモルタルは水を混ぜるだけでモルタルになる粉で、カインズホームで購入しました。

本来ならばインスタントモルタルと同時にモルタルを混ぜるフネ(トロフネ)等の道具が必要ですが、今回は「目地を埋める」が目的なのでフネは使いませんでした。

 ・インスタントモルタルを粉のまま目地に入れる

 ・水を少しずつ入れて、シャベルなどで混ぜる(固め)

 ・ミニブリックを上に並べる

 ・ミニブリックが沈まない場合、木槌で軽く叩いて少し埋める

 ・乾燥するのを待つ

インスタントモルタルは見えないので、少し粗めに仕上がるセメントでも良いです。

モルタル(またはセメント)が固まったら、珪砂を入れました。

土を入れて、セダムを植えるのも良いかもしれないです。

[su_label]ー この記事はここで終わりです -[/su_label]

前の記事:
トップページにもどる
次の記事:

[su_label type=”info”]スポンサードリンク[/su_label]

[su_label type=”info”]ブログをメールで購読[/su_label]

メールアドレスを入力して「購読」すると、更新をメールで受信できます。

100人の購読者に加わりましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました