副業だってスキル次第!ゲームでも現実社会でも”なりたい自分”に合わせてスキルを得ていくことが大切!

昔のアニメは大多数の共感を得られる『万人受け型』なのに対し、最近のアニメは『好きな人は好き型』が多く、最近は「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います」(通称『防振り』)が面白くてはまっています。

「防振り」はこんな人にオススメ!

  • RPGのファンタジーな世界観が好き
  • 闘う女子が好き(魔法ではなく物理攻撃)
  • 天然系キャラが嫌いではない
  • ポイントを振り分けてキャラを成長させるのが好き

原作は小説(カドカワBOOKS)で、それがメディア化されたものです。「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います」をお得に読むならebookjapanがおすすめです。

ゲームの世界なので何でもありなところがスッキリする上、プリキュアが好きな娘たちも楽しそうに見ています(スキル的なところは全く理解できていないものの絵がキレイでキャラクターが可愛いところが好評価)。

年齢で出世できると見ていた40~50代はスキルが不足気味

無料写真素材なら【写真AC】

特化スキルは現実世界でも大事だと思う日々。昔は仕事の仕方ってどんな業種でも似ていて、トップダウンを部下たちが気力と体力で実現させていく感じです。”24時間働けますか?”の時代です。

一方で、最近は得意分野の仕事を割り振ってチームで進めていく仕事を進めていく形もあります。苦手を克服するよりも、得意に割り振った方が効率的でより完成度の高い仕事ができるからです。

一部欠けていてもそこを他の人に補ってもらうを基本姿勢に得意分野で戦う20代~30代、結構強い。他人に頼ることに何の抵抗もないので上手に仕事を進行していくし、一部能力が特化すれば副業で収入アップはもちろん、独立してもやっていく目途もたちます。

一方で、全体的にそこそこできる40~50代の中高年層は独立には不向き。そのため会社からの収入(賃金)に頼り切りですが、最近はこの賃金の伸び悩みが問題視されています。

原因は管理職に就けない人が増えたこと。

従来は出世の階段がある程度示されており、一定の年齢に達すれば管理職につける傾向が高かったが、社員全体の高齢化と若手の台頭で管理職の競争率が激化しました。

管理職に就くどころか、40~50代は年功型賃金(年齢が上がれば賃金が上がる給与体系)の影響で賃金水準が高いため企業の人件費抑制(=人員整理、リストラ)の主な対象にもなっています。

生き残るために必要なのは”スキル習得”。

経済的に見ても20~30代に比べて人口が多い40~50代がスキルを習得することで生産性が高まり、活性化にもつながると見込まれています。

”収入を増やすスキル”を身につけるならばブログを始めよう!

無料写真素材なら【写真AC】

家にいる時間を使って収入を少し増やすならばブログやホームページなど自分でサイトを作って、『アフィリエイト』や『広告収入』で稼ぐ方法がおすすめです。次のような20~50代に多い副業です。

  • 副業・在宅ワークを検討している
  • お小遣い稼ぎをしたい

『アフィリエイト』はブログ等を閲覧している人が記事等に貼ったリンクから広告主公式サイトに行き、そこで商品やサービスを購入したときに報酬が支払われます。報酬は商品購入金額の数%だったり一律だったりと色々あります。

アフィリエイトを始めるならば以下2つの方法があります。

  • Amazonや楽天といった大手ECサイト等が提供しているアフィリエイトサービスに登録する
  • A8.net バリューコマースのようなASP(ネット上の広告代理店)に登録する

ASPによって掲載できる広告主が違うので、ASPは複数登録しておいた方がアフィリエイト収入は得やすくなります。私はバリューコマースが主、 A8.netを副として使用しています(どちらも登録料や利用料は無料)。

アフィリエイト収入を増やすには「閲覧者がどのECサイトを利用しているのか」が重要になり、3大ECサイトの1つであるYahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクを貼れるのは バリューコマースだけです。アフィリエイト収益を増やすのに下のようにECサイトを選べる広告はおすすめです。

『広告収入』は運営しているサイトで広告を掲載するスペースを提供し、広告料を得る方法です。広告料といっても、Googleアドセンスのようにその広告がクリックされたら一定の報酬が支払われるやり方が多いです。

アフィリエイトに比べて1回分の報酬は少額ですが、アフィリエイトと違って広告がクリックされれば良いので報酬が発生しやすいです(クリック先で商品やサービスの購入は条件にない)。

Googleアドセンスの場合は任意の場所に広告コードを設置すれば、”閲覧者”のGoogleの検索履歴等から興味関心や趣味嗜好にあった広告を自動に表示されるので管理などがすごく楽です。広告サイズも自動変換されるようにできるので、ホームページでもスマホでも広告を問題なく閲覧者に見てもらえます。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。