Google推奨!ブログのURLをhttpからhttpsに変更する方法

― サイトの安全性を高めましょう ―

Google Adsenseからサイトの安全性を高めるために<サイトをHTTPS(ハイパーテキスト転送プロトコルセキュア)対応に設定すること>を提案されました(最適化案)。

HTTPS対応に設定すると、ブラウザのアドレスバーに<緑色の南京錠アイコン>が表示されます。これが表示されることで訪問者はこのサイトがHTTPSを利用してセキュリティを強化していることがわかります。

【HTTPS化の重要なメリット 参考:GoogleAdsense】

  • Google検索結果におけるサイトのランクが向上します。
  • トラフィックのハイジャック被害に対する安全性が向上します。

XSERVERでは、XSERVERで運用しているドメインについてHTTPS化できます(無料独自SSLの設定)。ライブドアでブログ運営していたので、ネームサーバー(DNSレコード)をXSERVERに変更してから利用しました。

サーバーパネルでHTTPS化したいドメインを選択し、『独自SSL設定の追加』をします。XSERVERの無料独自SSLの場合はCSR情報(SSL証明書申請情報)の入力は任意です。個人情報を入力するので私は入力しませんでした。独自SSLが設定されると『SSL設定の一覧』で設定したサイトが一覧に表示されます。

HTTPS化成功

但し、この段階では自動的にhttps://で始まるHTTPS化されたサイトに転送されることはありません。例えばアドレス欄に「つづり.com」と入力すると「http://つづり.com」が表示されます。

https://のサイトに自動的に転送させる場合は『.htaccess編集』が必要です。XSERVERの場合、サーバーパネルの『.htaccess編集』で編集できます。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

赤文字の部分を追加

「http://~」のURLでアクセスしたときに、自動的に「https://~」のURLに転送されていれば成功です。

スポンサードリンク



0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。