GoogleAdSenseを始めたい人に待ち受ける2つの事前審査

  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインでサイトを作る

このようにサイトの準備ができたらGogle AdSenseの審査に挑みます。つづり.comの独自ドメインを取得し、Livedoorでブログサイトの管理・運営をはじめました

Google AdSenseの審査は2段階あります。Google AdSenseのガイドに従って進めていけば、特に難しくはありません(記事の内容などブログに問題がある場合は除く)。

1次審査を申し込んだときには、ある程度のブログとして存在している必要があります。1次審査を申し込む前に、1記事700文字以上で10記事ほど用意しておいた方がよいそうです(その必要性を確認したわけではない)。

Google AdSenseのトップページを開き、「申し込む」をクリックしてサイトのURL(ドメイン名。日本語JPドメインの場合はPunycode変換が必要)や請求先のメールアドレスなど基本的な情報を入力します。

1次審査は「請求先のメールアドレスが有効である」ことが確認されたあとに実施されます。請求先のメールアドレスに確認用URLが届くのでクリックするのを忘れないようにしましょう。

1次審査は基本情報の確認なので2~3日ほどで完了します。合格の場合は次のような内容のメールが届きます。

お申し込み内容の審査が無事に完了しました。あとは最初の広告ユニットを作成し、生成された広告コードを 登録したサイト(URL)に挿入すれば、アカウントの有効化手続きが完了します。

Google AdSenseの2次審査は実際にサイトに広告を貼り、サイトの内容を含めて実際にスタッフがサイトを見てチェックします。2次審査でチェックされるポイントは主に次の2つです。

  • 広告コードが正しく貼り付けられているか
  • コンテンツに問題はないか

Googleアドセンスでは広告を掲載するサイトに次のようなポリシー違反がないかチェックします。

  • 広告へのクリックを誘導している
  • 広告とは分かりにくい紛らわしいレイアウト
  • 著作権の侵害

また読み手に有益なサイトであることが基本条件なので、1つの記事には700文字以上あった方が良いです。

Google AdSenseの広告は記事の一部ではなく、”あくまでも広告である”ことが分かるように設置しなくてはいけません。そのため広告の上部には「広告」や「スポンサードリンク」など明記しなければなりません

Google AdSenseで作成した広告コードは、内容を変えずにそのままコピーして希望する位置にペーストします(livedoorブログの場合は記事の編集画面を「HTMLタグ編集」に変えてから広告コードを貼りつけます)。

また、広告を貼りつけるときはサイトの幅に注意しましょう。広告の幅とカラム幅が合っていない場合は自分でカラム幅を変える必要があります(広告タイプをレスポンシブタイプを選択すれば問題ありません)。

2次審査は基本情報の確認なので1週間ほどで完了します。合格の場合は次のような内容のメールが届きます。

アカウントの承認手続きが完了しました。

2次審査通過後は比較的早く広告が表示されます。アカウントが承認されて広告が表示される様になるまでは広告枠は空白の状態です。

自動的に表示されるようになるのでしばらく待ちましょう。

アドセンス広告が表示されたら試しにクリックしたくなりますが、Googleアドセンスのプログラムポリシーでは自分でクリックすることは禁止されているのでグッと我慢するようにしましょう。故意にクリックするとアカウント停止のペナルティを受けることになります。

誤ったクリックはきちんと理解してもらえてお咎めなしです(実際に何度かクリックしてしまった体験談です)

スポンサードリンク



0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください