【体験談】auからUQ mobileに乗り換えた方法

― 格安スマホって難しそう ―

難しくても毎月の固定支出3,000円減のために頑張って、キャリア(au)から格安スマホ(UQ mobile)に乗り換えました。

格安スマホを提供している会社(MNVO)の中でもUQ mobileは実店舗が多いので難しさのハードルはやや低いです。実際にケーズデンキ内のUQ mobileブースで乗り換えましたがとても簡単でした。

※新規契約の場合は審査に時間がかかるのが一般的

通信事情に詳しく自分でネットや電話回線の開通手続きができる人はインターネットで申し込んだ方が良いかもしれませんが、格安スマホ(格安SIM)を初めての利用のする場合は店舗で分からないポイントを質問しながら契約することをおすすめします。実際に、曖昧なまま契約をしてしまい、消費者センターに駆け込む人も少なくないからです。

スポンサードリンク

どこの格安スマホを使うか決める

どこの格安スマホ会社(MNVO)にするか選びます。キャリアはdocomo、au、Softbankの3社ですが、MNVOはマイナーなものを含めて600社以以上あります。

  • 自分で格安スマホを設定する自信はあるか?
  • いま使っているキャリアからの乗り換えの手続き等は簡単か?
  • 自分の使い方にあったプランがあるか?

MNVOを選ぶポイントはこの3つです。私は自信がないので実店舗が近くにあり、auの傘下にあるUQ mobileを選びました(私の使い方にあったプランもあった)。

格安スマホのプランを選ぶ

格安スマホ会社が提供するサービスは、格安スマホ向けプランと格安SIMプランに分かれているのが一般的です。

  • 格安スマホ向けプラン…スマホ本体と格安SIMをセットで購入した人向けの通信サービス
  • 格安SIMプラン…格安SIMのみを購入して、いま使っているスマホ本体をそのまま使うなど任意のスマホ本体で利用する人向けの通信サービス

格安スマホと格安SIMの違いはスマホ本体をこの会社で買うかどうかです。「うちで買ってくれるなら月々のプランを安くしますよ」ということで、格安スマホプランの方が月額利用料が安い傾向があります。

格安スマホ会社が提供しているスマホ本体は、大部分がキャリアで買う同等モデルの半額以下となっています(3~4万円台のものが多い)。

【UQmobileの場合】

格安スマホ向けプランには6種類あります。データ通信は容量ごとの3パターンで、通話料金の設定方法で2パターンから選びます。

格安SIM専用プランには4種類あります。データ通信は3GBと無制限の2パターンで、音声通話のあり・なしで2パターンから選びます。

キャリアでMNP予約番号を取得する

現在の電話番号を継続して使用する場合はMNP予約番号を取得します(継続しない場合は不要)。MNP予約番号の取得=解約ではありません。

MNPとは「Mobile Number Portability」の略で、携帯電話番号を他社で引き継ぐための手続きです。MNP予約番号を発行してもらわないと、いま使っている電話番号を他社で使うことはできません。

MNP予約番号は店頭、電話、ネットで取得することができます。MNP予約番号の有効期限は15日間、この期間内に新たな携帯電話契約をしないとこの予約は無効(取り消し)になります。

MNPを利用して他の会社と新規契約をした場合、MNPの実行と同時にキャリアのスマホは自動的に解約となります。そのため、MNPを利用た場合はキャリアでの解約手続きが別に必要となることはありません。

解約に伴い事務手続きの費用等が発生するため、MNP予約番号取得時にはその清算の手続きも必要となります。2年縛りなど契約は複雑化しているため、契約違約金の発生等のことを考えると、MNP予約番号の取得は店頭での手続きがオススメです。

MNP予約番号取得時の注意

  • 更新期間以外は違約金(9,500円)が発生する可能性あり
  • MNPの事務手続き費用(3,000円)がかかる
  • モバイル端末代の残金の支払いが必要な場合あり
  • ポイント等が抹消される

  ↑
違約金やモバイル端末の残金など解約において色々な注意が必要なので、時間が許す場合は店舗で申し込む方が後日問題が起きる可能性はぐんっと低いです。

SIMロック解除の申請

現在使っているスマホ本体をそのまま継続利用する場合は、SIMロック解除の手続きが必要です。使用期間など一定の条件を満たされている場合、会社はSIMロック解除をしないといけない決まりになっています。

SIMロック解除が必要なのは、キャリアで提供しているスマホの多くがキャリアのSIMしか認識しない様になっているからです。SIMロックを解除して、どんなSIMでも受け付けるようになったスマホ本体をSIMフリーと言います。

貯めたポイントは使い切る・移動する

MNPが実行されるとauポイントは抹消されるので、実行前に使い切るまたは移動させておくことが大切です。auポイントの場合、事前にau WALLETカードにポイントを移しておくと良いです。

au解約後もau WALLETカードは継続して使用できますが、特典ポイントや(プリペイド版の場合)クレジットカードでの入金ができなくなります。解約後のauWALLETカード(プリペイド)への入金はauの店舗等にある専用端末にて現金入金することになります。

格安スマホ会社(MNVO)で新規契約

UQ mobileの場合、新規契約はインターネットと店舗(UQmobileの店舗または協力店舗)でできます。私は店舗での契約をしました。新規契約時に必要なものは次の通りです。

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 契約者本人名義のクレジットカード(配偶者や親など家族名義のクレジットカードでも可)
  • 連絡のとれるメールアドレス(フリー可)

まずは契約申込書に必要事項を記入します。このときに料金の支払いに使うクレジットカードの情報を入力します。仕事をしている人は勤務先の名称・電話番号等を記入する必要があります。記入後に契約申込書に本人確認書類を添えて審査の申し込みをします。

審査を通過すると契約した格安SIM(格安スマホ)が使えるようになります(この時点でキャリアとの契約は解除)。店舗で格安スマホを契約した場合は店舗スタッフがモバイル端末を使用できるようにインターネットの設定と電話番号の設定を済ませてくれます(回線チェックも含む)。

UQ mobileの審査に通らなかったら?

【契約審査が通らない例】

  • 未払いの携帯料金滞納履歴がある
  • 犯罪歴(犯罪に関与した記録)がある

原因が解決できれば、再度審査をして契約できることが多いです。

審査に通らなかった理由を知るには、『審査結果窓口』など専門の電話窓口に問い合わせる方法が一般的です。解決方法が分からない場合はキャリアの窓口で相談することをおすすめします。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください