【入間】ムーミンがいそうな「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」

公園の中央にデンッと立つきのこvbの家

― 無料で1日子どもが遊べるところは? ―

以前から気になっていた入間市の『トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園(Tove Jansson Akebono Children’s Forest Park)』に行ってきました。

ムーミン童話をモチーフにしたとありますが、建物の形状を含めて公園全体がとても不思議な空間でした。木の間から見える風景は日本の都市なのですが、それが遠くに見えるような、現実味のない絵画のような、「異空間ってこんな感じなのかな?」という気分でした。

入間市が管理している総合公園の1つなので、入場料・駐車場代などがかからず無料で1日中遊べます(園内には全品テイクアウト可能なカフェあり)。「天気の良い日はとても混んでいる」と聞いたので閉園2時間前に行きましたが園内には予想よりも人がいました(駐車場やトイレの利用は問題ない)。

オムツをした子供を連れて行っても問題ありません。オムツは持ち帰る必要がありますが、トイレにはオムツ交換スペースがあります。

参考:トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園公式サイト

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園とは?

スナフキンが釣りをしていそうな川にのびた東屋

「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は、ムーミン童話の世界をモチーフとして1997年に誕生し(当時は「あけぼの子どもの森公園」という名称)、2017年にムーミン童話の作家であるトーベ・ヤンソンさんの名前を冠した「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」と改名しました。

※公園内のデザインはあくまでもムーミン谷のイメージを参考にしたものであり、ムーミンの世界そのものが作られたワケではありません。

公園の一番奥から撮った風景

総合公園全体はとても広いですが、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」部分は4歳の娘がトコトコ1周歩いてちょっと疲れる程度の広さです。遊歩道も一部を除ききちんと舗装されているので歩きやすいです。

右奥に見える青い個性的な建物が『カフェ・プイスト(Cafe Puisto)』で、北欧の雰囲気に包まれながらの飲食が可能だとパンフレットに書かれていました(全メニューがテイクアウト可能)。

今回は食事の時間でなかったので利用しませんでしたが(娘は食べるよりも遊ぶに興味津々だった)、キッズスペースやキッズメニューもあるようなのでいつもで子連れで行きやすそうです。

住所〒357-0046 埼玉県飯能市阿須893-1
電話番号042-972-7711
開園時間9:00 – 17:00(季節によって変更あり)
休園日月曜日(祝日の場合は翌平日)
公式サイトhttps://www.city.hanno.lg.jp/akebono

公園内の建物は全体的に土足厳禁!

公園中央にある『きのこの家(Mashroom House)』

長女が心底気に入った『きのこの家(Mashroom House)』は北欧版カラクリ屋敷です。1日中かくれんぼが楽しめるに違いない空間です。

公園内の建物内は基本的に土足厳禁です。子どもの靴は脱いだり履いたりできるもの(サポートしやすい靴)が良いです。また、他の子との靴の取り違えを防ぐための工夫も大切です。個人的には、靴を入れる袋がいいと思います。

半地下にある入口。小川が見えてボート室っぽい雰囲気

裏口から入ると広い空間があります。”何に使われる部屋か”と妄想…想像が膨らみます。

リビング&キッチンは丸い暖炉がステキ

外から見ると2~3階建ての建物ですが、建物内は全体的にスキップフロアになっていてとても広く感じました(私は5階くらいの高さの建物に感じました)。安全に配慮された上りやすい階段ですが、階段の昇り降りは疲れました。

子どもでも安全に昇り降りできるように遊び心のある手すりが設置

改めて子どもの若さを実感しました。娘は各フロアを元気に行き来し、約2時間めいっぱい建物内を冒険していました(写真を撮る間も惜しむほど)。アラフォーの私は各所にある椅子やソファで休憩し続けていました。

子どもの好奇心が刺激される空間

子どもは窓があったらとりあえず覗きこむ
扉は全部あけてくぐる。その姿はドラクエの世界
隠し扉がたくさんあって
隠れるところはたくさん…ここは子ども部屋、かな?
展示されているミニチュア家具にも興味津々(触らずに見るだけ)

感覚がガンガン刺激されて疲れたのか、帰りの車内では2人ともぐっすり眠っていました。

光と陰の絶妙なバランスでインスタ映え

外から建物内に入ると照明はついているものの薄暗く感じます。

だからこそ、ところどころに空いた穴のような窓から射し込む陽の光が心地よいです。

ステンドグラスから射し込む光はキレイです。

シャッターを切れば自動的に光と陰が良いバランスでおさまります。実にインスタ映えを狙える環境です(少し薄暗いためフラッシュ無しだと画像がぶれますが)。

動画を撮っている人も多くみかけました。

ムーミン童話の一場面がインテリアに

白い石の壁に木版とは洒落ていて目を引きます。

外の風景もインテリアに。

娘が『きのこの家』を至極気に入ったため他の建物を見られなかったのが残念ですが、それはまた今度の楽しみにとっておこうと思いました。『子ども劇場(Children’s Theater)』の上にある銀杏の樹がキレイに紅葉していて惜しくもありましたが…ここは娘優先で時間は全て『きのこの家』に費やしました。

子どもたちが本を読めるようになったら『森の家(Forest House)』の図書コーナーをみんなで楽しめると思っています。

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください