敷島公園ばら園の東にあるフリッツアートセンター

絵のタッチや雰囲気、文字や文章のバランス、本の大きさ、私にとって絵本は実際に手にとって選びたいものの1つです。

―こだわりの一冊が欲しい―

こんなとき、普段は深谷市にある「アスラン」にお邪魔しますが、秋風が気持ち良かったのでロングランしようと前橋市まで車を走らせました。

目的は敷島公園ばら園の東にある絵本やさん「フリッツアートセンター」に行くためです。今回はフリッツアートセンター内の絵本やさんを紹介します。

公園に溶け込む独創的な建物

「F-rits Artcenter(フリッツ・アートセンター)」は前橋市にある敷島公園ばら園の東側にあります。

埼玉県からだと前橋市のごちゃごちゃしたところを抜けるか、国道17号で高崎方面からぐるっと回ってくるかの選択を強いられる行きにくいところではあります。

建物の前には大きな木がある広い前庭(チチリの庭)があり、今回の目的の絵本屋さんは建物の1階にあります。

レトロな家具やさんも隣(別棟)にあるようですが、定休日で入れませんでした(火・水曜日定休)。外に停まっていたバイクから推測するに、私の好きそうな雰囲気だったのですが、残念です。

望み通りの絵本を発見!

入口を潜ると「タンタンの冒険」の世界でお出迎え、店内はいくつかのコーナーに別れている感じで、お目当ての絵本コーナーは中腹にありました。

今回の目的は幼稚園で1日ママ先生(保育体験)するときに読む絵本を見つけることです。

  • 4才くらいの子ども向け
  • 男の子向けでも女の子向けでもない
  • こどもたちに「何これ?」と思われないように、ある程度人気がある
  • 幼稚園にはなさそう

店員さんにダメ元でこんな条件を言ってみたら、「この店で不思議と人気がある」という絵本を教えてもらい購入しました(書籍は定価があるのでAmazonとかで買おうと値段は同じ)。

[amazon_link asins=’4893251953′ template=’new’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’623cf8d9-c789-11e8-81ff-a3f650fac866′]

 

幼稚園での読み聞かせはこれに決定です!

あと、一子が二子に絵本を読んであげている姿が好きなので、文字が読めなくても音で覚えられるような本も購入しました。

[amazon_link asins=’4494001384′ template=’new’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’72a4f49f-c789-11e8-ad74-cd275e166107′]

 

挿し絵がふんわりと可愛く、「(主人公の)ももんちゃんって二子みたい」と一子も気に入ってくれました。

目的達成したものの、面白い店内に目移りしてブラブラと散策開始です。※記事内の写真は店員さんの許可を得て撮影しています。

80’sの音楽と珈琲が欲しくなる

店の奥にいくとアートギャラリー風にディスプレイされており、吹き抜けの空間が活かされていい感じにBGMが流れます。

淹れたての美味しい珈琲を飲みたくなる雰囲気です。

アートギャラリーから入口の方を見れば2階にある美容院が、天井にくっついていた箱のように見えます。

美容院にお客さんがいたら、まるで80’sのPVのようだったでしょう。

a-haの“Take On Me”とか、アイリーン・キャラの“Flashdance…What a Feeling”が聴きたくなりました。

この建物はいろいろなお店が空間をシェアした、変則的で独創的な長屋のようです。

絲山秋子さんのコーナーも

店内には子ども向けの絵本じゃない本もあります。TSUTAYAとかじゃ割りが合わなくて置いてなさそうな、“好きな人は絶対に欲しくなる”な感じの本がセレクトされていました。

絵本の挿し絵を集めた本とか素敵でした。

また、高崎市出身?在住?の芥川賞作家・絲山秋子さんのコーナーもありました。Wikipediaで調べたら次のような記述があり、もしかしたら此処だったのかもしれません。

“前橋市内の書店で絲山房というコーナーを設けて執筆風景を一般公開している。”
引用:絲山秋子(Wikipedia)

絲山秋子さん、文学に疎い私はこの日初めて名前や著書を知りましたが、『絲山秋子の街道を行ぐ』(上毛新聞出版部)は買おうかどうか真剣に悩みました。

定価2,000円なので図書館で探すことにしました(借りられませんが、群馬県内の図書館なら蔵書されている可能性大)

[amazon_link asins=’4863521421′ template=’new’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’43996252-c78a-11e8-bc76-57ff02bb07c9′]

 

改めて気に入ったら、今度は私のために前橋市内のごちゃごちゃしたところを抜けて訪れたいと思います。

また、フリッツアートセンターの建物の前の庭(チチリの庭)では色々なイベントが開催されるそうです。近くでは2018年10月21日(日)にイベントが開催されると店員さんが教えてくれました。

スポンサードリンク


0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください