街道で食べる 深谷宿の鰻ならば「うな和」

鮨が好き、蕎麦が好き、そして鰻が好き

日本人のDNAの影響か…。箸をつかってこれらを上手に食べる3歳児、それが我が家の愛娘です。

家庭料理の域を超えた「The 和食」を好むようになってしまったのは初めての子であり初めての孫である恵まれた環境ゆえか、それとも母である私の(あまり期待できない)料理の腕ゆえか…とにかく「おしょばたべたい」と言われたら、それだけで出掛ける準備を始めてしまいます。なぜなら私は蕎麦が好き、そして旦那は鰻が好きです。

そんな私たちは先日家族で鰻を食べに行ってきました。旧中山道を東京から高崎方面へ進んだ深谷市、深谷市の中心地を過ぎた”宿根”という信号のちょっと先、右手にある閑静な佇まいの店舗「うな和」です。今回はこのお店を紹介したいと思います。

広告

【目次】
● 「うな和」は事前に予約をしましょう
● 「うな和」で事前に予約をする理由
● ただ”美味しい”の一言に尽きる
  店舗情報(住所・電話番号・営業時間・定休日)は最後にあります

「うな和」は事前に予約をしましょう

うな和(2000円のうな重)
実は「うな和(うなわ)」は以前に一度訪れていたお店です。このときは店主が出前に出ているからということで食べることができませんでした(良い匂いを嗅いだだけ)。このとき女将さんから「今度は事前に電話をいただけたら…」と丁寧に教えて頂いたので、今回は満を持して電話してみました。

私     「3名、うち子ども1名で予約したいのですが」
女将さん 「わかりました。注文は何にしますか?」

ん?電話で注文…?

お品書きも解からないのにと焦りながら「うな重なら何がありますか?」と聞いてみたら

女将さん 「うな重なら1,500円から3,000円まで。100円刻みになります」

松・竹・梅とかではなく金額で注文するシステムでした…”竹”とか言わなくて良かったです

無事に2,000円を2つ注文し無事に予約は完了しました。写真のうな重は2,000円のうな重になります(肝吸い付き)。

店に行き、壁にかかった重厚なお品書きを見るとシンプルだけどポイントは押さえたお品の数々です。日本酒もちゃんとありました

● うな重(吸いもの付)1,500~1,900円
● うな重(きも吸い付)2,000~3,000円
● 蒲焼        1,300~2,800円
● うな重弁当    1,500~2,800円
一品料理
● どぜう    500円
● きも焼    500円(2串)
● かぶと煮  300円
● 湯豆腐    350円
● 冷やっこ   350円
● 漬物     300円
● 骨せんべい 300円
● 鯉のあらい 時価

※2017年8月現在の内容です

「うな和」で事前に予約をする理由

うな和は注文を受けてからウナギをさばきます。そのため女将さんによると料理の提供まで40分ほどかかるそうです。

女将さん 「皆さん、事前に電話してくれるんです」

そういう傍から電話が鳴り、女将さんは注文を受けてテキパキと予約人数分の席を用意していました。私たちがお店にいったときも席が用意されていました。

待たせてしまうことに気兼ねしてしまうのでしょうか…そんな心配とは裏腹に予約をいれずに来たお客さんは待ち時間が苦ではないようです(ぐるナビの口コミより)。手書きの看板が目立つのでふらっと立ち寄る人も少なくないとか。10席のカウンターもあるので一人でも入りやすくなっています。

暗黙の”要予約店”だからか、お昼のピークを過ぎていたからか、店内は空いていました。でも店内にさびれた雰囲気は一切なく、わびさびの情緒ある空間、中山道の歴史を感じる空間になっています。「汚い」と言う口コミもありましたが、そんな感じはありませんでした。

確かに店のレイアウト・構造はやや古めです。お座敷の上がりの高く、店内の床は土間仕上げになっています。段差がつらい、正座がつらいという方はカウンター席を利用すると良いでしょう。子連れで座敷席を利用する場合は子どもが落ちないように注意しましょう(飛び跳ねる時期の子どもを連れていくのは諦めましょう)。

ただ”美味しい”の一言に尽きる

「嗚呼、私はフードライターになれないな」と感じるのはこういうときですただ「美味しい」としか言いようがないのです。「ご飯が不味い」とか「タレがしょっぱい」とか減点ポイントがあると表現のしようがあるのですが

とにかく「うな和」の鰻は私の好み、タレの味も好きな感じ、ご飯の硬さもちょうど良かったです。「家族や友人に奨められるか?」と聞かれたら迷いなく「おすすめ」と言えるそんなお店です。

お昼時に深谷市にいる方は「うな和」に行ってみてください駐車場はありますが、入口はやや狭くなっています(東京方面からは入りやすいけれど、高崎方面からは少し入りにくいでしょうか)

【店舗情報】 うな和(うなかず)
住所    埼玉県深谷市岡部850
電話番号 048-585-2754
営業時間 11:00~14:30/17:00~19:00
定休日   月曜日

※情報が間違っている可能性があります。事前に電話をして確かめるようにして下さい。

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください