夏休みのアウトドアではヌカカに注意!ヌカカは防虫ネットをすり抜けて服の中にも入り込んで噛む(防虫スプレーである程度防げる)

鳥取県米子市や鹿児島県奄美大島などで近年【ヌカカ】の被害が増えています。

『ヌカカ』という名前だけど蚊(カ)ではなく小さな蠅(ハエ)。「スケベ虫」や「エッチ虫」といわれるヌカカは体長1~2ミリ程度の小ささで、網戸をすり抜けて服の下にもぐりこみ噛みつきます。【ヌカカにかまれた場所は赤くなり、人によっては腫れやかゆみが1週間以上続くことも】あります。

ヌカカは蚊のように刺すのではなく、噛んで皮膚を傷つけて出てきた血を吸います。そのため噛まれたときに軽い痛みを感じることがありますが、【噛まれた部位が赤くなってひどく痛むのは噛まれた翌日以降】であるケースが多いです。

【ヌカカに刺された場合はステロイド系の軟膏】を塗って処置します。弱い虫刺されの薬では効果がありません。「かゆみがひどい」「いつもよりかゆいのが長い」などの場合は医療機関を受診した方が安心です。

ヌカカの被害場所で報道されているのは浜辺ですが【ヌカカは海なし県にもいます】

群馬県桐生市にある「群馬県立ぐんま昆虫の森」では2012年4月から10月の期間で園内にヌカカ採集用ライトトラップを設置。その結果、1285個体のヌカカ科を捕獲。捕獲されたヌカカ科は

  • Culicoides属 … 13種
  • Allaudomyia属 … 1種
  • Stilobezzia属 … 1種

ヌカカ科といっても全ての種(のメス)がヒトや動物を噛んで血を吸うわけではありません。上の3つの中で吸血するのは「Culicoides属」のみです。これ以外に属するヌカカ科は昆虫などの節足動物の体液を吸ったり、花の蜜を食物とするので経済的活動などの社会的に問題視されていません

しかし、今回の調査で最も捕獲数が多かったのはミヤマヌカカ(508個体)、次がマツザワヌカカ(472個体)。2つあわせて全体の76.2%を占め、このどちらもCulicoides属で(メスは)吸血する習性があります。

ミヤマヌカカは4月下旬から10月上旬まで捕獲され、捕獲数が多かったのが6月下旬と7月中旬。マツザワヌカカは6月下旬から10月下旬まで捕獲され、捕獲数が多かったのが7月中旬と8月中旬でした。

この調査で捕獲されたCulicoides属13種は北海道から九州まで生息している種であり、最も捕獲数の多かったミヤマヌカカは上野での調査(1956年)や那須での調査(1986年)でも最も捕獲数が多く、関東の低標高地では最も多い種、つまり埼玉県北部で最も多いヌカカ科と推測できます。

但し、ミヤマヌカカは山間地に多くいるためキャンプ場などのレジャーでは注意が必要ですが、【平野部の住宅地でミヤマヌカカの被害にあう可能性は低い】です。

  ↑
照明(灯り)に誘われて集まり、網戸をすり抜けて吸血する

ちなみに「鳥取県米子市や鹿児島県奄美大島で近年増えている」と報じられているヌカカ被害のヌカカの種類は「トクナガクロヌカカ」や「イソヌカカ」であり、これらは海岸の近くに生息するヌカカ科です。

トクナガクロヌカカの幼虫は海岸近くの砂の中に生息し、その付近で吸血する習性があります。イソヌカカの幼虫は海岸のロックプールや潮をかぶる潟や沼に生息し、その周辺で吸血する習性があります。

夏のレジャーで海に行くときはヌカカの被害に気を付けましょう。

防虫スプレーはヌカカに対して一定の忌避効果があるようです。肌の露出をできるだけ避けたうえ、衣類にも防虫スプレーをかけておくと効果的です。防虫スプレーは使用回数制限がなく、小さな子供でも安心して使用できるKINCHOの虫よけスプレーがおすすめです。

●この記事を読んだ人におすすめ●

スポンサードリンク Amazon.co.jp(アマゾン)

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。