水温低下に要注意!グッピーの飼育水温は23~26℃、冬越えにはヒーター必須

秋になって朝晩の冷え込みが強くなり、玄関にある水槽の中のグッピーたちに元気がなくなり【水槽の底で死んだように動かない状態】になりました。

最初は金魚と同様に「もうだめかな」と思いましたが、ただ動かないだけでぷかっと浮かんでいるわけでなかったのでGoogle登場。「グッピー 動かない」と調べてみたら、「水温の低下が原因」と出てきました。

グッピーは熱帯魚なので【快適に過ごせる水温は23~26℃】です。

水槽用のヒーターなしに日本で越冬するのはやや難しいようです。埼玉県は温暖な地域とは言えないので水槽用のヒーターを購入しました。

「熱帯魚元気オートヒーター」(GEX)は26℃温度固定型、26リットル以下の小型水槽専用です。定格消費電力は80Wなので、24時間付け続けた電気料金は1日約52円です。

ヒーターを入れてしばらく経つと、グッピーたちは何ごともなかったように普通に泳ぎ、エサもがつがつ食べ始めました。

スポンサードリンク
0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。