水を育てる?金魚を飼うならバクテリアの大切さを知っておこう!

金魚鉢の中でひらひらと泳ぐ金魚は風情がありますが、実際に金魚を飼育するとなると環境作りがとても大変です。

子どもが縁日で金魚をとるまで全く興味がなかった魚の飼育ですが、始めてみるととても難しい!なんとも奥が深い!!マニアってのが生まれるわけです。

※〈単純な事象にはマニアが生まれない〉という持論が私にはあります。

魚を健康に飼育するためには、まず水槽の水を育てる必要があるそうなのです。

最初に〈水を育てる〉と聞いたときは何とも詩的な表現に「???」でしたが、簡単にいうとバクテリアを十分に増やすことでした。

設置したばかりのキレイな水槽は人間には「バッチリ!問題なし」に思えますが、バクテリアが少なく水性生物にとっては住みやすい環境と言えないようです。

今回はバクテリアを中心に水性生物が暮らすための水の育て方をまとめてみました。

水槽内のバクテリアの役割

エサの残りや金魚等のフンを分解するのはバクテリアです。私にとってもバクテリアの役割はこのイメージでした。但し、このとき”アンモニア”が発生します。

アンモニアはニトロソモノス属のバクテリアが食べて(ある程度)分解してくれますが、このとき”亜硝酸”が発生します。そして亜硝酸はニトロスピラ属のバクテリアが分解してくれますが、このとき”硝酸塩”が発生します。

このサイクルが自然の浄化作用

バクテリアが不十分な間は小まめに水交換

金魚にとってアンモニア亜硝酸が大敵です。

新しく立ち上げたばかりの水槽など、バクテリアが不十分な水槽ではアンモニアや亜硝酸の分解が上手くいかず、その分頻繁に水の交換をする必要があります(特に亜硝酸を分解するバクテリアの繁殖は遅い)。

バクテリアでは硝酸塩を分解することはできないので、硝酸塩の濃度を下げるためには水交換が必要となります(バクテリアが増えると硝酸塩の濃度も上がる)。

エサの食べ残しや水が古くなると水槽の中は酸性に傾きます。弱アルカリ性~中性を好む金魚にとって酸性の環境はよくありません。因みに、日本の水道水は基本的に中性です。

水の交換は<1回につき20%の水の交換>を目安にすると良いです。それ以上を一気に交換すると水槽内のphが急激に変化して金魚等に影響が大きいです。また急激な水温変化は白点病の原因に多いです。

水が育つ前は1週間に1回を目安に20%の水の交換が好ましいです。、水が育ったら2週間に1回を目安に20%の水の交換が丁度良いくらいです。

バクテリア不足はエビの命に係わる

「水槽内に苔が生えたら嫌だから苔を食べてくれるエビを入れよう」と軽い気持ちで、立ち上げたばかりの水槽内にミナミヌマエビを放ちました。

…が、2~3日のうちに赤くなって死んでいました。

エビが赤くなっていたので「茹った!?」「水温が高過ぎる?」と思いましたが、立冬の時期、ヒーターを使っているわけでもないのに不自然です。調べてみるとアンモニア濃度が上がっていたことが原因で赤くなって死んでしまっていたのだとわかりました。

アンモニア濃度が一定よりも高くなると、エビのカルテロイドはタンパク質と結合して青灰色のアスタキサンチンよりも、ピンク色のカンタキサンチンの方が増えてピンク色に見えるようになる。

エビが赤くなって死んでしまう我が家の水槽は未だバクテリアが少なく、アンモニア濃度が高過ぎるのだと分かりました(アンモニアはph7.3を超えたあたりから急激に増加する傾向あり)。

スポンサードリンク



0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください